「リドリー・スコットは終わった」エイリアン コヴェナント 愛宕さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

エイリアン コヴェナント

劇場公開日 2017年9月15日
全242件中、13件目を表示
  •  
映画レビューを書く

リドリー・スコットは終わった

これがあの「エイリアン」を作った監督の作品とは到底信じられない。

「プロメテウス」のときもそうであったが、乗組員の、病原体を含めた未知の生物に対する危機管理があまりにお粗末。(というか、今回は危機管理そのものが「全く無い」)。その上、乗組員がアホばかりで、危機予測、危機対処が何もできない。

従って映画の中で生じる危機は、彼らがもう少しまともなら、起きないものばかり。そして、説得力・必然性に乏しい、無理矢理押し込んだような「人工的な危機」がそれに追い打ちをかける。

さらに、ストーリーの流れや雰囲気も雑然としており、一貫性に欠けるため、到底映画の世界に感情移入できない。

「プロメテウス」でガッカリさせられたのに、わずかに期待して観に行った私が愚かだった。「コヴェナント」でだめ押しされてしまった気分である。

愛宕
さん / 2017年10月10日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
パタリロ
パタリロさんのコメント
投稿日:2017年10月18日

そうなんですよねぇ~、「映画の中で生じる危機は、彼らがもう少しまともなら、起きないものばかり」で、これ、『プロメテウス』にもそのまんまあてはまる・・・。
それに、どちらもヒロインの容姿がイマイチで、感情移入がしにくいし・・・。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi