エイプリル・ソルジャーズ ナチス・北欧大侵略のレビュー・感想・評価

エイプリル・ソルジャーズ ナチス・北欧大侵略

劇場公開日 2016年1月12日
4件を表示 映画レビューを書く

すごくおもしろくないです。

デンマーク映画という珍しい映画なので我慢してみましたが、すごくつまらないです。人間というものもまったく描けていません。

Kazuaki
Kazuakiさん / 2017年3月8日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

電撃作戦

ナチスドイツがデンマーク国境に兵力を集めていた。
デンマークは予備役を招集、国境の防衛にあたる。
遂に侵攻開始、軽機関銃とライフルではドイツの機甲師団にはなすすべがなかった。
のどかな田園風景や市街が突然、戦火に見舞われる様子はとても怖く、戦争が始まるときはこんな感じなんだ、とリアルに迫ってきた。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2016年12月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 単純
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

戦いの果てに知る、哀しい真相。淡々と語られる悲劇。

【賛否両論チェック】
賛:戦争が引き起こす悲しみを、極めて現実的に淡々と描く描写が印象的。飾らない感じがかえってリアル。
否:描写は結構淡々と進むので、シーンによっては眠くなるかも。

 戦争映画ではありますが、かなり淡々とストーリーが進んでいく印象です。気をつけないと眠くなりそうですが、逆に言うと戦場の恐怖や悲劇が、リアルに描かれているともいえると思います。
 そして、全てが終わりを告げた時、主人公が知る驚愕の真実にも、思わず胸が痛みます。あまり言うとネタバレになってしまうので、その真相は実際にご覧になってみて下さい。
 戦争が引き起こす悲劇を、極めて現実路線で淡々と語る。そんな作品です。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2016年1月21日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  悲しい 難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアル感ある戦争

淡々としながらも倒れていく仲間、渋い上官。いい映画でした。

鷹の爪1号
鷹の爪1号さん / 2016年1月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi