神なるオオカミのレビュー・感想・評価

メニュー

神なるオオカミ

劇場公開日 2016年1月12日
3件を表示 映画レビューを書く

ちょっと切ない

原作未読。オオカミは敵なのか?と思わずにはいられない。

海(カイ)
海(カイ)さん / 2016年8月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

忘れてはいけない自然への畏怖。痛感させる荘厳な存在。

【賛否両論チェック】
賛:大自然の中で気高く生きるオオカミ達と、彼らと向き合い続ける主人公達の姿を通して、自然への畏怖の念を改めて抱かせてくれる。
否:どうしても似たようなシーンが続くので、飽きてしまうとつまらないかも。オオカミが獲物を殺すシーンなんかもあり。

 まるでネイチャードキュメンタリーを観ているような、オオカミ達の自然かつ荘厳な雰囲気に、思わず魅了されてしまいます。決して何者にもなびかず、誇りを持って生きているその姿が、改めて大自然に対する畏怖の念を感じさせます。
 一方、慣れない大自然の中での生活に戸惑いながらも、オオカミの魅力にとりつかれ、その存在と最前線で向き合おうとする主人公の姿も、熱いものを感じさせてくれます。
 命の尊さや、生きることの厳しさなんかも、併せて考えさせてくれるような、そんな奥深い作品となっています。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2016年2月7日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 怖い 寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

狼のためだけの涙

珍しく怒りの感情を持って観賞した。
そして涙もする。その涙は、狼だけに捧げたものだ。
自然を含めた色彩が実にすばらしい。そして狼の表現には敬意を表したい。
話は人間のエゴばかりで、出てくる人誰にも共感できなかった。自然の中においては、もはや人間はクズでしかない。
偉大なる狼の姿、それと対照的に尊厳のかけらすらない人間の営み。見ていて決して気持ちの良い映画ではなかったけれども、表現されていたものは非常に優れていた。
狼に魅せられる映画である。

SH
SHさん / 2016年1月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi