ファブリックの女王
ホーム > 作品情報 > 映画「ファブリックの女王」
メニュー

ファブリックの女王

劇場公開日

解説

日本でも人気を誇る北欧のファッションブランド「マリメッコ」の創業者アルミ・ラティアの波乱万丈な人生を描いた伝記ドラマ。戦後まもないフィンランド。夫が買収した業務用オイルプリントの会社で働き始めたアルミは、個人向けに綿のファブリックにプリントすることを思いつき、1951年に新たな会社「マリメッコ」を立ちあげる。全財産を投じて行なったファッションショーは大成功。カラフルで斬新なデザインのファブリックや、女性をレースやコルセットから解放したドレスは大人気となり、事業は軌道に乗り始めるが……。イングマール・ベルイマン監督の名作「ファニーとアレクサンデル」のプロデューサーで、初期マリメッコの役員でもあったヨールン・ドンネルが監督。アルミを演じる女優の劇中劇を交えた巧みな構成で描く。主人公アルミ役に「FCヴィーナス」のミンナ・ハープキュラ。

作品データ

原題 Armi elaa!
製作年 2015年
製作国 フィンランド
配給 パンドラ、kinologue
上映時間 85分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

この映画はまるで、画かれていない背景が宿るマリメッコのファブリックそのもの
ファブリックの女王の映画評論・批評

今でこそオーガニック・コットンは当たり前に流通しているが、女性のリアルクローズが主にシフォンやウールで仕立てられていた1950年代初頭、フィンランド産コットンに大胆なプリントを施し、それを生活全般に応用可能なテキスタイルとして発表した...ファブリックの女王の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
2.8 2.8 (全7件)
  • 劇中劇の手法はマリメッコファンには苦痛? マリメッコ創業前夜から70年代あたりのマリメッコ創業者アルミ・ラティアにクローズアップしている。 アルミが纏ったドテラのような初期デザインやら、BGMやら細かく見るとなかなか面白いのだけど、大ブ... ...続きを読む

    おぎゃん おぎゃんさん  2016年8月11日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 生き残るは強い女性 周りに居たら多分苦手な部類だけど、アパレルという厳しい世界で、それこそいまでも、そしてこれからも尚衰えない人気で突っ走るには、個性とカリスマ性あり、真っ直ぐ信じた道を進む位の力がないとアカンのだ... ...続きを読む

    j939v j939vさん  2016年6月13日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • とっちらかってる感。 マリメッコのお洋服がたくさん出てくるカラフルな話かと思っていたのですが、それはほんの10分もしないぐらいでした。さらに、物語の構成と設定がややこしく、見る側が置いてきぼりにされてしまいます。 舞... ...続きを読む

    めがね めがねさん  2016年5月28日  評価:0.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ファブリックの女王(字幕版)
ファブリックの女王(字幕版)
2016年12月2日
¥2,000
Google Play

他のユーザーは「ファブリックの女王」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi