人生タクシー
ホーム > 作品情報 > 映画「人生タクシー」
メニュー

人生タクシー

劇場公開日

解説

イランのジャファル・パナヒ監督が、タクシーの乗客たちの様子から、厳しい情報統制下にあるテヘランで暮らす人々の人生模様をドキュメンタリータッチに描き、2015年・第65回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した作品。カンヌ、ベネチア、ベルリンの世界3大映画祭で受賞歴を誇る名匠で、反体制的な活動を理由に政府から映画監督としての活動を禁じらてもなお、自宅で撮影した映像をもとに映画「これは映画ではない」を発表して話題を集めたパナヒ監督。今作では活気に満ちたテヘランの町でパナヒ監督自らタクシーを走らせ、さまざまな乗客を乗せる。ダッシュボードに置かれたカメラには、強盗と教師、海賊版レンタルビデオ業者、交通事故にあった夫婦、映画監督志望の学生、政府から停職処分を受けた弁護士など、個性豊かな乗客たちの悲喜こもごもが映し出され、彼らの人生を通してイラン社会の核心へ迫っていく。

作品データ

原題 Taxi
製作年 2015年
製作国 イラン
配給 シンカ
上映時間 82分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

特集

「20年間の映画監督禁止令」を処せられながら、ベルリン映画祭で最高賞受賞!彼は一体“どこで”“どうやって”本作を撮ったのか?この《ユニーク》で、《オンリーワン》で、《クリエイティブ》な良作を見てほしい
特集

15年のベルリン映画祭で審査員長のダーレン・アロノフスキー監督から「この作品は映画へのラブレターだ」と絶賛され、最高賞となる金熊賞を受賞した「人生タクシー」が、4月15日から新宿武蔵野館他にて全国順次公開となる。政府から20年間の映画...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

軽やかなユーモアの底には、理不尽な世界に向けた監督の怒りがうねっている
人生タクシーの映画評論・批評

テヘランの街を往くタクシーの後部座席にどっかりと身を沈めたふたりの老婆は、金魚鉢を大事に抱え要領を得ない指示をたたみかける。が、車は遅々として進まず、急き立てる老婆の声が狭い車中にかしましく響く。と、急ブレーキ。あらあら金魚が床にとパ...人生タクシーの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全19件)
  • ルールや制約にとらわれない自由な精神が生んだ快作 ジャファル・パナヒ監督その人がタクシーを運転している。理由は語られない。カメラはダッシュボード上の回転式の台に設置されていて、監督が自ら向きを変え、車の前方の道路を映したり、後部座席の乗り合いの... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2017年4月30日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 地元で映画を撮り続ける覚悟と本気。 政府に映画製作を禁止され、軟禁状態と伝えられたパナヒが、映画を作れないもどかしさを自宅の中だけで映画にしてしまった『これは映画ではない』にも驚いたが、そのままパナヒは軟禁以降3本目の作品までもの... ...続きを読む

    バッハ。 バッハ。さん  2017年4月28日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 表現者であること ネタバレ! タクシーの運転手が撮ったドキュメンタリーに見せながら、実はしっかりと書き込まれた脚本とかありそうな映画でした。 監督は淡々と運転手をしていて、一番役にはまっていない。 姪っ子がかわいい。最後の女... ...続きを読む

    Momoko Momokoさん  2017年5月22日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「人生タクシー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi