サクラ花 桜花最期の特攻のレビュー・感想・評価

サクラ花 桜花最期の特攻

劇場公開日 2015年11月4日
3件を表示 映画レビューを書く

無味乾燥 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

桜花に題材を取っていますが史実に絡んだエピソードは無く桜花について知識は何一つ増えないし、ストーリーも特攻隊員が出撃して死にましたっていう当たり前すぎる展開で、特筆するべきことが、本っ当に、全く、なんにもない。

これならわざわざ新しく作らなくてもいいよなって誰も思わなかったんだろうか。

撃たれたやつや桜花搭乗員が戦闘中に悠長に長々と身の上話・思い出話をして死んでいくのも陳腐だし、その間は何事も起きないのも不自然すぎる。長台詞入れるために『敵艦隊まで距離4万』から『3万』の5倍くらい時間かけてやっと『2万』とかね。

収穫があるとすれば一式陸攻の中を見られることくらいかな。

hashikun54
hashikun54さん / 2016年6月7日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

迫ってくる恐怖

この映画はほとんどが飛行機内で行われてます。三瓶ちゃんや林家三平さんといったコメディ系の人たちも見事役に入っていました。主役の大和田健介君は声が幼いんですがそれが良くて若いパイロットを上手く演じてました。最後の表情が何とも言えなかったかな。あえて言うならナレーションの役所広司さんの声が低く滑舌がよくない所もあり聞いていてなんか嫌だったかな。あと皆の設定年齢が無理があります、緒方直人さんが28ってどんだけフケ顔なんだよって突っ込みたいくらいかな。あとあるシーンが海老名香代子さんのアニメ(うしろの正面だあれ)に少し似ていました、今回息子も出てるし少し関わったかなって思いました。

ジョバンニ
ジョバンニさん / 2016年5月15日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もう少し戦闘機セットの中以外を ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

見せるように作るべきだったと思う。
製作費の都合上、グラマン戦闘機の襲ってくるシーンを映像的に実感する事が出来ないので、急に襲われて機銃で兵士が撃ち殺されるのが何回も続く。
皆それぞれ、語り部らしく伝えたい話を死に際にさせるのだがもう1つ盛り上がらない。
戦闘機内で思い出話をしてその合間に敵機に襲われて兵士が死亡
これの繰り返しで、舞台の芝居を観ているような気分になる。
桜花自体も展示されているものが映る程度で格好いい散り様を期待している方は見なくてよい。
兵器のマニアもみる必要なし(笑)
戦争が庶民的にどう感じられていたか?は伝えたいつもりはあるのだろうが感動出来るか?と聞かれたら難しい。

「死ね」と命令する奴等は後方で居るのに人の命を投げ込んでいくと言う不条理さが愚かしいのは解る。
別段70年前だけが狂っていた訳じゃない。今もさして変わらないから。
命を捧げた英霊の末裔は悲惨な戦後の混乱を生きたであろうが、「死ね」と命令して生き残った臆病者の末裔はどうなったのか?
死を讃える前に、命令を下したものたちを描いた作品がほしい。
「顔の無いヒトラーたち」みたいな作品を。

うにたん♪
うにたん♪さん / 2016年5月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi