お里帰り
ホーム > 作品情報 > 映画「お里帰り」
メニュー

お里帰り

解説

映画作家として「悪夢の香り」「虹のアルバム」といった映画監督作を手がける一方、先住民イフガオ族とのパフォーマンスやインスタレーション制作なども発表し、ジャンルを超えて活躍するフィリピンのアーティスト、キドラット・タヒミックが、9年ぶりに発表した長編映画。1522年に人類史上初の世界一周を達成した航海家マゼランが実は旅の途中で命を落としており、実際に世界一周したのは彼に仕えていたマラッカ出身の奴隷エンリケであるという説をもとにしたドキュメンタリードラマ。1980年代から35年以上にわたって撮影が続けられたため、当初はタヒミック監督自身がエンリケ役を演じていたが途中で交代、マゼラン役も代わるなど、映画の決まり事を超えたタヒミック監督らしい自由な作風となっている。2015年・第28回東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA #2 熱風!フィリピン」部門上映作品。

スタッフ

監督
撮影
ボーイ・ニゲス
リー・ブリオネス
キドラット・デ・ギア
美術
キドラット・タヒミック
衣装
カトリン・デ・ギア
編集
チャーリー・フグント
アビ・ララ
音楽
ロス・インディオス・デ・エスパナ
シャント

作品データ

原題 Balikbayan #1 Memories of Overdevelopment Redux III
製作年 2015年
製作国 フィリピン
上映時間 146分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「お里帰り」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi