汝が子宮
ホーム > 作品情報 > 映画「汝が子宮」
メニュー

汝が子宮

解説

世界的に注目を集めるフィリピンの鬼才ブリランテ・メンドーサ監督が、フィリピン最南端のイスラム地域である美しい島を舞台に、夫のため第2夫人探しに奔走する妻の奮闘を描いたドラマ。スールー諸島タウィタウィ州の島で暮らす漁師の夫バガス・アンと助産師の妻シャレハ。子どもに恵まれないシャレハは、夫のために若い第2夫人を探して子どもを産んでもらおうと考える。しかし経済的な理由からなかなか折り合いがつかず、舟のエンジンを売った金でようやく若い娘を迎えるが……。夫婦役には「奇跡の女」のノラ・オーノールと「マニラ・光る爪」のベンボル・ロコというフィリピンを代表するベテラン俳優を起用。2015年・第28回東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA #2 熱風!フィリピン」部門上映作品。

スタッフ

監督
製作
ロレト・F・カスティリョ
脚本
ヘンリー・ブルゴス
撮影
オディッシー・フローレス
美術
ダンテ・メンドーサ
編集
カッツ・セラオン
音楽
テリーサ・バローゾ

作品データ

原題 Sinapupunan
製作年 2012年
製作国 フィリピン
上映時間 95分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「汝が子宮」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi