ブルーに生まれついてのレビュー・感想・評価

ブルーに生まれついて

劇場公開日 2016年11月26日
43件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

イーサン・ホークの歌声の危うい絶妙さ。

リンクレイターとチェット・ベイカーの伝記映画の企画を練っていたこともあるイーサン・ホークが念願のベイカー役を手にした。アイドル的な美青年から退廃を皺に刻むように老いていったベイカー役は、今のホークにこそ合っている気がする。

いい年して子供のようなわがままを言う本作のベイカー像は数多く作られてきたミュージシャン系の映画と大きくは違わない。しかし音楽に魅入られた者の業ややるせなさはホークの演技からも画面そのものからも匂い立つように伝わってくる。

いくら念願だったとしてもベイカー役は非常にリスキーだったはず。独特のか弱いヘタウマ歌唱は似せれば似せるほどモノマネ合戦に陥ってしまう可能性が高い。しかしホークは、ゆらゆら揺れる感情をそのまま音譜に乗せるように、自分の肉声で勝負してみせた。

カラオケ採点機では測れないであろう滋味にあふれた歌唱だけでも、一聴の価値が、一見の価値があると感じた。

バッハ。
バッハ。さん / 2016年12月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

幕切れが最高にカッコよい。

チェットベイカー。名前は聞いた事あるくらいだったけど、思わず調べてしまった。

イーサン・ホークに凄く合ってる気がする。頼りなくて情けない、だけどカッコ良いが僕の中のイーサン・ホークのイメージだけど、今作はその中でも抜群に良かった。

ドラッグを肯定する気はないけど、黒人社会の中で認められ、のし上がって行くプレッシャーは半端ないだろうし、怪我して今までやって来た事を全て失う怖さは何かにすがらないと壊れてしまうんじゃないかと想像出来た。

イーサン・ホークの歌声も素晴らしかったし、映像も美しかった。
ブルーを入れて来るのも良い演出だなと思った。
一番はやはりラストのライブハウス。
控え室から始まる全てのくだりが完璧だった。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2017年11月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

.クールジャズの象徴

麻薬に溺れ、命を落としてしまう伝説のミュージシャンは数多くいるが、麻薬ディーラーに前歯を折られ、演奏が出来なくなったトランペッターてのは、このチェット・ベイカーぐらいだろう。
これはピアニストが商売道具の指を失うのと同じようなもんだろ。
ほんと馬鹿だよな、そりゃ注射器を腕に突き刺したまま死にたくもなるって。
全体的に伝記映画の作りとしては凡庸であり、トランペットの調べを聴いているうちに何度も眠たくなってしまった。

みつまる。
みつまる。さん / 2017年10月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

名前とルックスが先行していた感のあるレジェンド、チェットベイカー。...

名前とルックスが先行していた感のあるレジェンド、チェットベイカー。何回か聴いたことある程度だが、何故か惹きつけられる歌声とラッパの音色。イーサン ホークは似てないけど魅力ある人間性に仕上がった
演技だった。
ドラッグでダメになるミュージシャンの話しはよくあるが、切なくなる良い映画だった。続けてマイルスの映画でも観てみようかな。

susumu takeda
susumu takedaさん / 2017年9月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ベーカーだから

チャットベーカー。
すきなジャズプレイヤーだった。
当時であってさえも、彼は絶対じゃない。
コルトレーンのほうが圧倒的だ。
でも、悪くない。だから、スイートだけどおすすめ。
人間的には、他のジャズプレイヤーとおなじように「クズ」だと思う。だから、「それがどーした!」って60年代の世界観が言っている。
なにかが生まれる時代の空気。

そして、無性に愛してしまう。

そんぼ
そんぼさん / 2017年7月27日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ダメ男の野望。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

まさにタイトル通り、ブルーに生まれついちゃった男の物語。
天性の魅力とあの甘いボーカル(マイファニーバレンタイン)
で観客を時めかせた彼も、金と女と最後はやはりドラッグに
溺れてゆく。才能あるダメ男の野望がひしひしと感じられて
ラストは切ないばかりなのだが、歌まで完コピしたイーサン
の頑張りが更にそれを増した。帝王マイルスは白人というだ
けで彼を毛嫌いしたらしいが、却ってそれが原動力になった。

ハチコ
ハチコさん / 2017年7月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

哀れな天才 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ドラッグから抜け出せず麻薬ディーラーに前歯を折られ、入れ歯で演奏を練習し、バードランドで復帰し、マイルス・デイビス、ディジー・ガレスピーにも認められるまでになる。その後もヨーロッパで演奏を続けるが麻薬を断ち切れず、アムステルダムで死亡。狂気の天才と言える。

Takashi
Takashiさん / 2017年6月7日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

歌の字幕がひどかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

字幕版を見たが、最近の字幕がひどいときがあるがこれは最悪だった。
特に歌の字幕が恐ろしくミスだらけで直訳が多く、誰がこれをチェックしたのか、問題だと思いました。
手抜きとしか言えない。ポニーキャニオンの問題だと思います。
この作品は音楽がテーマなのですから、音楽の翻訳を誤るようではだめだと思います。
マイファニーバレンタインぐらいきちんと訳しましょう。
誤訳でそのシーンが台無し。
ストーリーは最後が尻切れとなっていますが、
薬物に手に染めてからの彼を描き、
二度目に恋した女との思い出話となっている。
チェットはとても歌がファルセットがまったくなく、低音をホールドした歌手でもあり、演奏者でもあったと思う。
彼の声の中にすべて答えがある。
俳優は俳優の演技の中で頑張っていたが、
それにはやはり及ばない。
それほどチェットが声についても発声を勉強した証であり
それ以降もこのような白人歌手が出てこないのはそのせいでしょう。

tomokuri0315
tomokuri0315さん / 2017年6月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

チャット・ベイカーの印象が変わりました

いろんな意味でマイルスの影響が大きかったのかなと思いました。

いちとら
いちとらさん / 2017年5月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジャズが魂から歌われている意味がわかった

ジャズが魂から歌われている意味がわかった

かずや
かずやさん / 2017年5月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イーサンホークの歌声、しびれます〜

イーサンホークの歌声、しびれます〜

YUKENO46
YUKENO46さん / 2017年3月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

『お薬の時間ですよ』と看護士が呼ぶ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

勿論、入院中の病室内のありふれた光景だ。しかしこれがホテルで、バーで、ライブハウスの楽屋でこのフレーズが脳内に響くシーンは又意味合いが変わってくる。
2016年暮れの映画で二つのジャズ映画が上映され、その一つが今作品。菊池成孔ファンである理由でしか、この人の事は知らない。ジャズのなんたるかさえも分からない身とすれば、菊池氏のこの人への愛すべきダメ人間の評価を聴くにつけ、その破天荒ぶりな人物像に興味が頭をもたげる。多分、今だといわゆるギャングスタラップの人達の人生みたいに思ったのだが、いやいや方向が違うらしい。その飽くなき『愛情』への飢え、そして認められたい『承認欲求』、名誉へのしがみつきが、稀代のジャズ界の『悪魔』を自ら作り続け、破滅へと疾走したのだろう。トランペッターにとって大事な前歯を喧嘩で折られたこと、あの悪魔の仔ダミアン宜しく、中性的なクルーナーの歌声。『マイファニーバレンタイン』は確かに聴く人に魔界への誘いを思い起こさせる。
そして、この作品、主軸はフィクションであるということも又、この人の悪魔たらしめてる雰囲気が醸し出すプロットなのだろう。
全体的にまるで薬の中での出来事、いるはずもない愛する女性、復活を賭けて薬を断ち切り、見栄を振り切り努力する姿、しかし、薬の対処薬に又、麻薬メタドンを処方しなければならない50年代のアメリカ、そして正にその夢が現実になる寸前に押しつぶされる弱い心、そして逆戻り・・・友を裏切り、愛する女性への婚約指輪代わりのバブルリングを返される仕打ち、 これが全て夢の中だとしたら、これこそチェズニーの真の伝記そのものかもしれない。
自分は麻薬は怖くて手は付けないが、この人間の脆弱さに大変共感を持てる。この悪魔的魅力は確かに希有だ。
その理由が故に、この悪魔のエピゴーネンがドンドンと世界中から量産されることとなる・・・

いぱねま
いぱねまさん / 2017年2月20日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愚か者にしか見えないけど…

ベイカーさん、すっごく愚か者で要領が悪いですねー
防げるトラブルも無防備で直撃しちゃう…

でも人を惹きつけるカリスマ性が彼を大物にしたんですね
バカと天才は紙一重、そしてそれを体現してる人物を描いた良い映画です

人生を生きて行く上で愚か者でも馬鹿者でも何か一つでもひとに認められる武器があれば良いんだ!
それを教えられる映画でした

トランペット片手にタバコを吹かす姿にカリスマ性を感じます

かっこよかったな

Aldebaran
Aldebaranさん / 2017年2月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後に選んだ道

トランペットのジャズマンが恋人、友人に支えられながら薬と戦い夢に挑む話

ジャズミュージシャンのチェット・ベイカーの半生を映画化した本作、とにかく主演のイーサン・ホークが素晴らしい演技を見せてくれる。

薬物中毒と顎のケガ、どん底で明日も見えない絶望感、足掻く姿を見ていて胸が締め付けられた。
それでも支えてくれる恋人の愛、自分だけじゃなく彼女のために頑張ると男の顔はカッコいいの一言だ。

劇中の歌も演奏も一人でこなしている点も役者魂を見せつけられるし、上手なので説得力もあった。

作品内の画も一つ一つ綺麗だしかっこいい、浜辺を歩く二人、畑で練習する姿など、自然とトランペットとイーサンが最高にきまっていた。

チェット・ベイカーの事を知らなかったので最後の展開もハラハラしたし、いい映画体験でした。

劇中セリフより

「一つ武器を見つけて磨けばいい」

得意な事、好きな事を続ける、誰にも負けない武器を持とう。

まずは武器を探す事から始めてみようと思います。
見つけたら錆びないように気を付けながら磨く、戦う時が来るまで。

フリント
フリントさん / 2017年2月5日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画そのものが艶やかなブルー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

学術的な意味合いや技術的な意味合いにおいて「優れた音楽」というのは確かに存在して、ただそういった音楽が人々の琴線に触れるかどうかは別の話。なぜなら、私たちの多くは音楽の専門家ではなく、ただ聞こえてくる音楽を感覚的に好きか嫌いかで判断しているからだ。この映画で、怪我をした後のベイカーの演奏や歌はとても頼りなく技術としては見劣りのするものだったはず。しかし、再びベイカーが活動するようになって、思わず聴衆が拍手を送らずにいられなかった彼の演奏には、きっと彼にしか出せない音が宿っていたからで、その彼にしか出せない音が、いかにして生まれたか、というものをこの映画は描こうとしたのかな?と感じた。

物語は、酒とドラッグと名声に溺れたチェット・ベイカーの姿から始まる。前歯を失ったことで活動が出来なくなったベイカーが、失意の中にいながらも、愛する女性の支えと励ましを受けて、少しずつ少しずつ自分らしい演奏・パフォーマンスを身に着けていくところにドラマを感じるし、カムバックを目指すようになるその心の変化を、イーサン・ホークやカルメン・イジョゴがきちんと演技にして魅せてくれる。フィクションの性質上、描かれない史実や語られないエピソードがあるのはやむを得ないことだし、この映画に関してはそういうこともまったく気にならずに見られた。この映画の時期は、ベイカーにとっては「影」の時代とも言えるだろうとは思うのだけれど、映画は決してこの時期を「影」としては扱わず、一歩一歩再起に向けて歩みを進め、芳醇な音を獲得するまでの前向きな時期として見つめているようで、なんだか共感を覚えた。

映画自体が、ジャズの音色のようにブルージーで艶っぽくてとても美しい。強いお酒を片手に観たくなるようなそんな風情がある。シーンのひとつひとつ、そして物語の見せ方が格好いい。
そしてこの映画はラブストーリーでもある。ベイカーとその妻その関係は、男と女、夫と妻、という以上に、人と人としての絆と信頼を感じる。ラストで訪れる一つの結論は、それ自体が「愛」だとでも言いたくなるほど。

天秤座ルネッサンス
天秤座ルネッサンスさん / 2017年1月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

弱い主人公

復帰を目指し、周りの支えもあるにもかかわらず、あのような最後を選んでしまった主人公の弱さを、じっくり表していました。

周りの人たちが大人ですね。
彼のいちばん大事な人生の岐路を、彼自身に決めさせた。
格好良かったです。

『聖の青春』でもそうですが、孤高の人は、その一瞬一瞬に、私たちが想像も及ばないような、人生一度きりのパワーを費やしているのだろうなと思いました。
共感はできないことですが。

主役の人の歯。
あれはこの映画のためにいじくったのでしょうか。
だとしたら凄い。

ハクタカ
ハクタカさん / 2017年1月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

初っ端に 8本足がぁ〜無理〜 すきっ歯(笑) そんなにクスリは い...

初っ端に
8本足がぁ〜無理〜

すきっ歯(笑)

そんなにクスリは
いいものなのか?

経験者には
きっと
良いものなのだろう...

ファン擬き?が
「サイン下さい」と
ペンと一緒にクスリ渡したり

リアルだね

こうやって
またクスリに手を出すんだね

家族は失ったけど
名声を取り戻せたって事では
本人にとって
正解だったのかな...

snowball
snowballさん / 2017年1月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

薄い

内容が薄くて、何が言いたいの?

ふわり
ふわりさん / 2017年1月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

切なさのカタルシス

 これ程切なく哀しいそれで居てクールなラストシーンはあっただろうか。究極の選択を迫られる。芸術的成功を得ることの代償として再び悪魔との関係を持つか、否か。名声を得るが恋人は彼のもとを去る。演奏しながらそれを追う無表情な彼の一瞥。芸術家の業のようなものを的確に硬質な映像は捉える。出色の秀作。

渡辺 博正
渡辺 博正さん / 2017年1月17日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ボクとお嬢ちゃんには分かるまい

女を裏切っても、薬をやっても、金をせびっても、ウソをついても、自分のため、ジャズに全てを捧げて生きようとする、破滅型の天才トランペッターの話。

ジャズという音楽・チェットベイカー・1950年代と言う時代背景・人間の弱さ・もろさ、せつなさ。これらを知っていれば楽しめる映画。

逆に、安全・健全・無難・平凡・道徳・幼稚で単純な愛。これらの価値観でしか生きていない、現代的で浅はかな優等生のぼくちゃん、お嬢ちゃんたちには、全くつまらない、共感出来ない、理解出来ない、見たくない映画だと思います

しゅん
しゅんさん / 2017年1月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

43件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi