カランダールの雪のレビュー・感想・評価

カランダールの雪

1件を表示 映画レビューを書く

ワールドプレミアだった!

自国トルコではなくて、異国の地・日本で初上映された映画。それだけの自信作、野心作、そして紛れもなく大作でした。
冒頭部分が暗すぎて、見ること自体が苦痛だったけれど、それも最初だけで、しかもその閉塞感も意図的な演出であったわけで、そこさえ耐え抜けば、至高の映画であること間違いなしです。
ドキュメンタリー監督が初の劇映画挑戦。その経験が遺憾なく発揮されていたように思います。
監督は、自然の美しさとか社会的な問題をあぶり出すとか、そういった明確なメッセージを込めた映画ではなく、トルコにおける人々の日常を丹念に捉えたかったのだ、と語っていた。その描写があまりにも自然であるがために、あたかも何かメッセージ性なども感じてしまうのだが、そう感じるのは見ている側の勝手な解釈であり、映画は単に丹念に生活を描写しているにすぎないわけです。そのリアルな表現を自らの心に投影させてしまうがために、おそらく色々な解釈が生まれてくるのではないでしょうか。
この映画は、悲劇でもある、喜劇でもあり、ハッピーエンドでもあり同時にそうでもない。あるいはある瞬間には人の醜悪さを感じてしまうのだが次に瞬間には人の温かさというものを感じている。要するに、単純に展開されていくエンターテイメントとは違った、複雑怪奇な我々の日常生活がそこには存在しているのである。
ことしトルコ映画を見たのはこれで3本目。雪の轍、シーヴァス、そしてカランダールの雪─。少しだけトルコの人々の生活がわかったような気がする。

SH
SHさん / 2015年10月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi