家族の映画
ホーム > 作品情報 > 映画「家族の映画」
メニュー

家族の映画

解説

チェコの新鋭オルモ・オメルズ監督が、幸せな家族に訪れる転機を予測不能な展開で描いた人間ドラマ。冬休みにヨット旅行へ出ることになった裕福な家族。両親は10代の姉弟を家に残して一足先に出かけ、冬休みが始まるまでの間、姉弟2人だけで暮らすことに。姉弟は両親が不在の間に羽目をはずして遊ぶが、やがて弟が学校をさぼっていたことが発覚し、事態は思わぬ展開を迎える。父親役に、「武器人間」「ヘルボーイ」など国際的に活躍するカレル・ローデン。2015年・第28回東京国際映画祭コンペティション部門で最優秀芸術貢献賞を受賞した。

作品データ

原題 Rodinny Film
製作年 2015年
製作国 チェコ・ドイツ・スロベニア・フランス・スロバキア合作
上映時間 95分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全2件)
  • エリシュカ・クシェンコヴァー ネタバレ! 初盤、童貞くんがそうじゃなくなるまでの青春記で、一体これのどこが『家族の映画』なんだろうと思った。 中盤、犬の生活が延々と映され(犬映画として素晴らしい)、一体これのどこが『家族の映画』なんだろ... ...続きを読む

    小二郎 小二郎さん  2016年7月1日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • EU FILM DAYS にて。 色味を抑えたスタイリッシュな映像... EU FILM DAYS にて。 色味を抑えたスタイリッシュな映像と、 音、ストーリー展開・・・ どれもが素晴らしかった。 予想外のことが次々と起こり、 最後までまったく目が離せなかった。 ...続きを読む

    shankar shankarさん  2016年6月24日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi