ニーゼと光のアトリエ
ホーム > 作品情報 > 映画「ニーゼと光のアトリエ」
メニュー

ニーゼと光のアトリエ

劇場公開日

解説

ショック療法が当たり前とされ、精神病院が患者を人間扱いしていなかった時代を背景に、画期的な改革に挑んだ女性精神科医ニーゼの苦闘を描いたブラジル映画。1940年代のブラジル。精神病院で働くことになった医師のニーゼは、患者に対するショック療法など、暴力的な治療が日常茶飯事になっている現実を目の当たりにし、衝撃を受ける。男性医師ばかりの病院で身の置き場も少ないニーゼだったが、患者を病院の支配から解放するため、患者たちに絵の具と筆を与え、心を自由に表現する場を与えようと試みる。主人公ニーゼ役は、ブラジルの名女優グロリア・ピレス。監督はドキュメンタリー出身のホベルト・ベリネール。2015年・第28回東京国際映画祭コンペティション部門に出品され、最高賞の東京グランプリと最優秀女優賞を受賞した(映画祭上映時タイトル「ニーゼ」)。

作品データ

原題 Nise da Silveira: Senhora das Imagens
製作年 2015年
製作国 ブラジル
配給 ココロヲ・動かす・映画社○
上映時間 109分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

暴力的治療を推奨する精神科医療に戦いを挑み、信念を貫いた医師の苦闘
ニーゼと光のアトリエの映画評論・批評

1人の女性が固く閉ざされた病院の鉄の扉を執拗に叩き続けると、ようやく内側から重い錠前が外される。そんな象徴的な導入部で始まる実録ドラマは、患者をまるで実験台のように扱っても非難されなかった1940年代の精神科医療に、セラピーを持ち込ん...ニーゼと光のアトリエの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全5件)
  • 芸術的演技 慈愛と芸術の普遍的な物語。 患者達の静と動の演技が恐ろしく上手で、日頃からこんな感じなのではと密かに疑っている。 音響は殆ど作っておらず、映像も自然にカメラをまわしているような作り方。 物語が終... ...続きを読む

    たろっぺ たろっぺさん  2017年1月12日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • この物語は現在進行形 1944年、ブラジル・リオデジャネイロ。 公立の精神病院で働くことになったニーゼ(グロリア・ピレス)は、患者たちのひどい扱いを直ちにみることとなる。 院内のシンポジウムでは、ロボトミー手術や電気... ...続きを読む

    りゃんひさ りゃんひささん  2017年1月12日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 筆とアイスピック 治療とは名ばかりで、患者を隔離し、抑えつけ、モルモットの様に扱っていた時代に、自由にさせて心のままに絵を書かせ人として接した女医。 これはこれでありのままなのかも知れないが、ニーゼやクライアント... ...続きを読む

    Bacchus Bacchusさん  2016年12月17日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ニーゼと光のアトリエ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi