トトとふたりの姉
ホーム > 作品情報 > 映画「トトとふたりの姉」
メニュー

トトとふたりの姉

劇場公開日

解説

ルーマニアの首都ブカレストの郊外で、親が不在でもたくましく生きる3人の姉弟の日常を追ったドキュメンタリー。ルーマニアで暮らす10歳のトトは、2人の姉と3人で暮らしている。母親は麻薬売買で刑務所に収監中の身、父親の顔は知らない。保護者のいない3人が暮らすアパートは不良たちのたまり場となっており、トトが眠っているとなりで、男たちが腕や首筋に注射針を刺すのが日常の光景だ。やがて、17歳の姉アナもドラッグに手を染めて警察に捕まってしまう。なんとか生活を立て直そうとする14歳の姉アンドレア、ヒップホップダンスと出会うトト、幼い姉弟たちは未来を切り拓こうとする。監督はドキュメンタリー作品を数多く手がけるルーマニア生まれのドイツ人映画監督アレクサンダー・ナナウ。山形国際ドキュメンタリー映画祭2015インターナショナル・コンペティション部門上映作品(映画祭上映時タイトル「トトと二人の姉」)。

作品データ

原題 Toto si surorile lui
製作年 2014年
製作国 ルーマニア
配給 東風、gnome
上映時間 93分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全3件)
  • 次女のカメラがさらに効果的 トトがヒップホップダンスに初めて出会う瞬間、カメラは自然にフレームを下げ、リズムを取る彼の手を写す。ここから映画の温度がグッと上がり始める。監督が渡したカメラで、ダンスクラブの選抜グループに選ば... ...続きを読む

    花火 花火さん  2017年6月2日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 東中野単館上映 ドキュメンタリー。 ...続きを読む

    もふもふたん もふもふたんさん  2017年5月20日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ●作品なのか、メッセージなのか。想像力が試される。 東欧、ルーマニア。貧困のリアル。生まれた場所で人生が決まる厳しい現実。大人にまみれてヤク中になるアナ。施設に駆け込むアンドレア。14歳で親と離れるという決意。アナのその後。頭ではわかる。しかし、... ...続きを読む

    うり坊033 うり坊033さん  2017年5月7日  評価:4.0
    このレビューに共感した/2
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「トトとふたりの姉」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi