ホース・マネー
ホーム > 作品情報 > 映画「ホース・マネー」
メニュー

ホース・マネー

劇場公開日

解説

「ヴァンダの部屋」「コロッサル・ユース」などでリスボンのスラム街を描いてきたポルトガルの鬼才ペドロ・コスタ監督が、再び同地区を舞台に撮りあげたドラマ。主演にも「コロッサル・ユース」のベントゥーラを続けて起用した。山形国際ドキュメンタリー映画祭2015インターナショナル・コンペティション部門大賞受賞作。ポルトガルのカーネーション革命やアフリカ諸国の独立といった近代史を背景に、ポルトガルで暮らすアフリカ移民の苦難の歴史と記憶を、虚実入り混ぜた斬新なタッチで描き出す。ポルトガルの首都リスボンのスラム街で、年老いた移民の男が人生を終えようとしている。数十年前にアフリカの火山の島からやって来た彼は、レンガ工場などで日銭を稼ぎながらどうにか暮らしてきた。記憶が途切れ途切れになりながらも、男はかつて故郷で飼っていた1頭の馬のことを思い出す。

作品データ

原題 Cavalo Dinheiro
製作年 2014年
製作国 ポルトガル
配給 シネマトリックス
上映時間 104分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全4件)
  • 場所も時間も人物も、ある意味モノでさえ、非共可能的な世界で溶け合う... 場所も時間も人物も、ある意味モノでさえ、非共可能的な世界で溶け合うというか響き合うというかバラバラに鳴るというか、映画以外では表現できない何かが強烈に感じられる怪作。 ...続きを読む

    analanalyser analanalyserさん  2016年8月7日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 他にはない現実感 例えば、ジャ・ジャンクーの映画のような、人々から見捨てられ廃れた建物や、人々に顧みられることのない貧しい者しか立ち入らないであろう施設の描写。これらは強い現実感を伴って、観客の前に立ち上がってい... ...続きを読む

    よしただ よしたださん  2016年7月22日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 山岸凉子の怪談かと思った ネタバレ! 病院とおぼしき所に居る老人が思い出を語る。生まれ故郷の話や、出稼ぎ先で巻き込まれた事件など、思い出は時代と場所を行ったり来たりしながら進んでいく。 — 観ながら、山岸凉子の怪談漫画みたいだなあと... ...続きを読む

    小二郎 小二郎さん  2016年7月1日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ホース・マネー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi