日本と原発 4年後のレビュー・感想・評価

日本と原発 4年後

劇場公開日 2015年10月10日
3件を表示 映画レビューを書く

日本国民必見の映画! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

前作の「日本と原発」も眼からウロコでした。『4年後』はもっと凝縮されています。
声高に脱原発を叫ぶのではなく、事実の積み重ねを淡々と。監督である弁護士さんの理論の積み上げ方は、やはりすごい。非常に分かりやすい脱原発の真っ当な論理でした。
もともと脱原発への確信は持っていましたが、その道筋は、私などには全く見当がつかず・・。 でも、この映画を見て、勝算があるのだと確信できました。勇気が湧きました。映画を見て高揚感を得るのは得難いです。
客席から時折り洩れる呻き、嘆きの声、涙。確実に映画のメッセージは伝わっていると思います!
原発推進派の人も、原発には興味のない人も是非、見てください。日本国民、必見の映画だと思います。強制的にでも見せたいくらいです。特に、若い人に見てもらいたいと感じました。原発のことを知らなくてもよくわかると思います。
ドキュメンタリー映画に新しい分野ができたと思いました。

アノちゃん
アノちゃんさん / 2016年2月4日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:試写会、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

知らなかったこと

事故以来、注目して来た問題なので期待して見に行きました。
とても良い映画でした。

自分が分かっていたつもりでいたことが、浅い知識でしかなかったこと。
知らなかったことの多さに罪の意識を感じてしまいました。

このように書くと、勉強する映画みたいな感じですが、
ドキュメンタリーとして、とても変わった作品ではないでしょうか。
面白かったというのが正直な感想です。

弁護士さんの視点というのにとにかく感心しました。
客観的というのか、暑苦しくないというのか、ドライな自信を感じるというか、、
うまく表せませんが、
裁判の証拠として作られた映画というのがよく解る賢い感じ。。。

裁判で原発を止められたシーンでは勇気のようなものも、もらいましたし、裁判と言う方法が力強く感じられました。

中心的な弁護士さんの河合監督と海渡弁護士のデコボココンビ?もキャラクターとして魅力的でした。

内容がたっぷりだったので、追いつけない部分もありましたが、
良い映画を見た満足感がありました。

cocorin
cocorinさん / 2015年10月15日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

テレビ報道を越えるものではなかった

目新しさは何もない。映画という形態からスクープ性は求められないとは思うが、テレビが伝え切れていないものを網羅しているとは感じない。
問題が問題なだけに、各メディアかなり情報を網羅しているということなのであろうが、それにしてもあまりにそれらを追随しすぎではないかと感じる。
今まで報道されたものをかき集めて、反原発よりに再編集したものという印象は否めない。
唯一、新垣隆の音楽だけは良かった。音楽だけが映画的だった。絵は、テレビで見てもユーチューブで見ても変わらないものとしか思えなかった。

映画を見ていて半分すぎたかどうかのタイミングで、自分の左隣(空席1個挟んで)に見知らぬ中年男性がドカッと座った。正直、今から見るのかよと怪訝な気持ちになったものの、まぁ個人の自由だしと思いつつ無視を決め込んだのも束の間、しばらくすると左から寝息、マジか!?まぁガーガーではなくスヤスヤだった故、無視可能、ただ寝相は好ましいとはいえず、放り出した足が前の席にバンバン当たるものだからさすがに前の席の紳士がふざけんな的な睨みをきかし、ようやく静寂が回復された。そしてその静寂が破られたのは終劇してから、終わったのだからどんな振る舞いも個人の自由、しかしながらそれは形式的としか思えないアプローズ・・・さすがに何なんだお前はと思ってしまった。
こういう輩がいるからこの映画は駄目なんだと思った。

SH
SHさん / 2015年10月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi