世紀の光
ホーム > 作品情報 > 映画「世紀の光」
メニュー

世紀の光

劇場公開日

解説

タイ映画として初めてカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した「ブンミおじさんの森」で知られ、同作が日本での劇場初公開作となったアピチャッポン・ウィーラセタクン監督が2006年に発表した長編作品。ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品された。日本では劇場未公開のままだったが、15年、ウィーラセタクン監督作の新作「光りの墓」の劇場公開にあわせ、劇場公開が実現。地方の病院が舞台の前半と、都市の近代的な病院が舞台の後半の2つのパートに分かれ、ウィーラセタクン監督作でたびたびモチーフとなる「記憶」と「未来」を、前半と後半で医師と患者の会話や恋といったエピソードを反復することで描き出していく。

作品データ

原題 Sang sattawat
製作年 2006年
製作国 タイ・フランス・オーストリア合作
配給 ムヴィオラ
上映時間 105分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全1件)
  • 終わり方が気持ちいい 微妙に分かりづらい笑いでなかなか素直に笑えない。ただ透明感溢れる映像がなかなか気持ちいい。ゆったりと流れる空間もまた心地よさを引き立てる。画面全体の印象としては純白と言ったところか。ただ、内容は... ...続きを読む

    SH SHさん  2016年1月14日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「世紀の光」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi