無伴奏
ホーム > 作品情報 > 映画「無伴奏」
メニュー

無伴奏

劇場公開日 2016年3月26日

解説

直木賞作家・小池真理子による半自伝的恋愛小説を成海璃子の主演で映画化。実在した喫茶店「無伴奏」を舞台に、時代に流されて学園紛争に関っていた多感な女子高校生の成長を描く。日本中の学生たちが学生運動を起こしていた1969年の仙台。同級生とともに学園紛争を行っていた女子高校生の響子は、友人に連れられて足を運んだ喫茶店「無伴奏」で、大学生の渉とその仲間たちと出会う。パッヘルベルの「カノン」をリクエストする渉に興味を抱いた響子は、次第に渉に強く惹かれていく。女子高生から大人へと成長する響子役を成海が体当たりで熱演。渉役を池松壮亮、渉の友人・祐之介役を斎藤工がそれぞれ演じる。監督は「三月のライオン」「太陽の坐る場所」の矢崎仁司。

スタッフ

監督
原作
小池真理子
脚本
武田知愛
朝西真砂
製作
重村博文
川村英己
西田宣善
プロデューサー
登山里紗
山口幸彦
楠智晴
ラインプロデューサー
野村邦彦
撮影
石井勲
照明
大坂章夫
録音
吉田憲義
美術
井上心平
衣装
宮本茉莉
江頭三絵
ヘアメイク
宮本真奈美
編集
目見田健
音楽
田中拓人
音響効果
佐藤祥子
主題歌
Drop's
助監督
塩入秀吾
制作担当
三浦義信

キャスト

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 アークエンタテインメント
上映時間 132分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

インタビュー

池松壮亮&斎藤工、矢崎仁司流“陰翳礼讃”で体現した青春の光と影
インタビュー

1969年、日本中で反戦運動や学園紛争が巻き起こった激動の時代に青春期を送った、直木賞作家・小池真理子氏の半自叙伝的小説「無伴奏」。矢崎仁司監督が当時の空気感を丁寧に再現し、成海璃子、池松壮亮、斎藤工ら若手実力派俳優をメインキャストに...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全33件)
  • 1970年は昭和45年だよ。 予告の嫌な予感通りの「正に近頃の邦画」終いの一本。 雰囲気、物語、時代再現(力を入れすぎた故に公衆電話や言葉遣いで襤褸が出るのはご愛敬か苦笑)は良かったのだが。 とにかく主演陣の演技の酷さで興ざ... ...続きを読む

    好きこそモノのヘタレなれ 好きこそモノのヘタレなれさん  2016年7月9日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • 昭和のBL風味 ネタバレ! 1967年からこのストーリーは始まる。昭和四十年代、反戦運動学園闘争等々、その時代の怒れる若者がストリートを我が物顔で闊歩していた背景。感化された女子高生の主人公も又、その熱く滾った時代の匂いを... ...続きを読む

    いぱねま いぱねまさん  2016年5月7日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 静かな中にエネルギーを感じる 静かで切ないけれど、内側から湧き出てくる感情のエネルギーにぐっと引き込まれて、こんなにも映画館で観る映像に圧倒されたのは久しぶりでした。演技力の凄さからなのか観てからしばらくは、感想がでてこない... ...続きを読む

    micl miclさん  2016年5月4日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi