美術館を手玉にとった男 : 映画評論・批評

美術館を手玉にとった男

劇場公開日 2015年11月21日
2015年11月17日更新 2015年11月21日よりユーロスペースほかにてロードショー

善意の贋作者の奇妙な人生、奇妙な魅力

本作は、30年間に渡って美術館に名画の贋作を無償で寄贈し続けた男のドキュメンタリーである。まずこのプロットを聞いただけでワクワクする。一見して男の動機はわからない。わからないからこそ非常に惹かれる。しかもフィクションではなく、実話であり、カメラの前で贋作の寄贈を喜々として行っている。「事実は小説より奇なり」と言うが、本作ではまさに創作された物語よりも奇妙な男の人生を目撃できる。

贋作者、マーク・ランディスは全米の美術館に自ら制作した精巧な贋作を、慈善事業と称して全米中の美術館に無償で寄贈し続けた。金目的ではない、自身の名も残らないので名誉のためでもない。ただ純粋な善意と創作意欲があるのみだ。自分の作品を作るべきだと助言する人もいるが、彼にとっては贋作の方がずっと価値があるようだ。

画像1

映画はこの奇妙な贋作者の生活と生い立ち、彼が贋作を寄贈した美術館関係者のインタビュー、そしてランディスと美術館員たちとのやり取りなどで構成される。美術館員の中でとりわけ重要な存在が、最初に贋作を発見した当時オクラホマ美術館の職員だったマシュー・レイニンガーだ。彼はオクラホマ美術館を辞め、無職の時も彼の情報を集めることを欠かさず、シンシナティ美術館に移ってからも取り憑かれたようにランディスの行動を追い続けていた。彼のランディスを追う動機もじつに不確かである。騙された復讐でもない、社会正義のためでもない。ただ純粋にマーク・ランディスという奇妙な男に惹かれているかのようだ。ジョージ・マロリーが「そこに山があるから」登山するように、レイニンガーも「そこにランディスがいるから」追いかけるのだろう。

悪意のない情熱は見ていて心地よい。2人とも純粋すぎて、なんだか微笑ましい。気がついたら筆者もわけもわからずこの2人に惹かれていた。

杉本穂高

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全6件)
  • いいねーこういう人。程よく怪しくて。 しかしこれ系の映画を見るたび... いいねーこういう人。程よく怪しくて。 しかしこれ系の映画を見るたび、正常とか健常って何だろう…とシミジミする。 彼に執着するあまりクビになっちゃったヒゲの人がじわじわ怖かった。 ...続きを読む

    まるこ まるこさん  2017年9月10日 15:34  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ●手玉に取られた。 ある男の物語。 彼は美術館を手玉になんかとってない。 むしろ彼には絵を描くことが救いなのだ。 テレビを観ながら、ただ無心に描くことが。 周囲は言う。「オリジナルを」と。 土台ムリな話だ。 彼は... ...続きを読む

    うり坊033 うり坊033さん  2016年5月15日 16:40  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • もう少し・・・・ もう少し痛快な感じが欲しかった。 なんか同じことの繰り返しばかり・・・・・ 美術館に作品が受け入れられる情景がみたかった気がする。 個人的にはドキュメンタリー的よりも物語的にまとめたものが好きで... ...続きを読む

    シネパラ シネパラさん  2016年1月21日 21:43  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi