セーラー服と機関銃 卒業 インタビュー: 橋本環奈、ひたむきだからこそ想像のつかない未来予想図

ホーム > 作品情報 > 映画「セーラー服と機関銃 卒業」 > インタビュー > 橋本環奈、ひたむきだからこそ想像のつかない未来予想図
メニュー

セーラー服と機関銃 卒業

劇場公開日 2016年3月5日
2016年3月3日更新
画像1

橋本環奈、ひたむきだからこそ想像のつかない未来予想図

映画ヒロインの“大名跡”を継承する覚悟。橋本環奈はその重圧と闘いながら、「セーラー服と機関銃 卒業」で女優としての本格的な一歩を踏み出した。ひたむきに役と向き合い、がむしゃらに駆け抜けた16歳の夏は、橋本ならではの目高組4代目組長・星泉として結実。その先には、本人でさえも想像のつかない未来予想図を描いている。(取材・文/鈴木元)

「快感」の決めゼリフで知られ、薬師丸ひろ子の人気を不動のものにした「セーラー服と機関銃」から35年。角川映画40周年記念作品の第1弾、原作の赤川次郎も作家生活40年と、さまざまな節目が積み重ねられた映画初主演。橋本には驚き、喜び、期待とともに当然プレッシャーものしかかってくる。

「すごくメモリアルな作品で、薬師丸ひろ子さんがやられていたことももちろん知っていました。その後を描くということで、うれしかったしワクワクしましたね。父が薬師丸さんのファンだったので、とても喜んでくれました(笑)。同時に言葉では表せないくらいのプレッシャーもありましたし、撮影が近づくにつれて日に日に増していく感じでしたけれど、それを封印しないといけないと思っていました」

亡き伯父から目高組を引き継ぎ、敵対組織に乗り込み敵をとった星泉。その後、組を解散させ普通の高校生活を送っていたが、都市開発を隠れみのに街を乗っ取ろうとする堀内組に怒りが再燃し、組を復活させる決意をする。クランクイン前の約2カ月、前田弘二監督の下で、目高組員役の大野拓朗宇野祥平も加わっての徹底的なリハーサルが行われた。

「役づくりは、リハーサルが一番の主になりました。本当にたくさんのことに挑戦できたのは良かったと思います。今思えば、180度逆のことをやっていたんじゃないかと思うくらい、いろいろなパターンを試しましたし、いろんな案が出て私から監督にこう思うという話し合いもしました。それらが混ざり合って、目高組がつくれたのは大きかったと思います。リハーサルで一切やらなかったことを、本番でいきなりアドリブでやったこともありましたね」

いざ撮影がスタートすれば、腹をくくるしかない。しかも、首を絞められて宙づりにされたり、爆破に巻き込まれたりと体力的にもハードなシーンも盛り込まれている。

「はじめてのことも多く大変だったんですけれど、大変なシーンの方が逆にナチュラルハイになって、テンションが高かったんですよ。1シーン1シーン、緊張していたと思いますけれど、撮影に入ってしまえば代わる人はいないわけですから、そんなこと考えてもしようがないよなと鼓舞しました。プレッシャーはありつつもだんだん薄れていったんじゃないかと思います」

前田監督をはじめ若頭役の武田鉄矢ら共演者、スタッフがさまざまなアドバイスを送り組長をサポート。その気遣いは、全員が「組長」と呼んでいたところにもうかがえる。

「最初は慣れないなって思っていたんですけれどね。リハーサルではちょっと恥ずかしい気持ちになりましたけれど、全然ですね。慣れるもんだなあって。快感? ありましたね(笑)」

ロケ地の群馬・高崎の酷暑は応えたようだが、約1カ月、現地に滞在したことで集中力を保てたともいう。そして、機関銃をぶっ放すクライマックス。なかなかOKが出ず悩んでいたところに、武田の「好きにやっていいんだよ」の一言。気持ちが楽になるとともに、演技の奥深さを実感した瞬間だ。

「自分たちが考えていることすべてが正解でもあるし間違っているとも思うし、奥深すぎて何が答えか分からない。自分が想像できないことの方がたくさんあるし、演じていくことでいろいろと見つけていきたい気持ちが出てきて興味がわきました。もっと、もっとって」

そうは言うものの、クライマックスでは間違いなく橋本環奈としての星泉がきつ立していた。啖呵(たんか)は切るものの、どこか迷いが見え隠れする微妙な感情の機微を表現できたことに、本人もちょっぴり自負をのぞかせる。

「自分らしい星泉をつくるというのは有言実行できたのかな……。明確にこれというものは思いつかないんですけれど、泉の根底にある強さや堂々としたところ…。象徴的なのは、(堀内組に)乗り込んで機関銃を撃った後に、泉の中でもかっとうがあって、でも『こんなの気に入らない。絶対気に入らない』ってもう1回撃とうとする。それはこの映画だけの星泉なのかなって思いましたね。(堀内組の)安井さんに、自分が好きなようにやっているだけじゃないかと言われると分からなくなるけれど、伯父さんが残した街を悪から守りたい一心だったと思うんです。それが自分らしさ、自分らしい星泉につながったんだと思いますね」

自ら成長を言葉にすることは難しいが、クランクアップ直後、有人たちの反応から感じ取れることがあったという。

「周りからは、すごく変わったと言われて少しは変わったのかなあって。ズバズバものを言うとか、目がきついとか……。多分その頃は泉っぽかったんじゃないかと思いますね(笑)」

橋本にとってメモリアルになる作品になることは誰もが認めるところだが、高校を卒業する泉に対し、4月から高校3年生になる橋本は女優としては“新入生”だ。その他の活動も含め多忙な日々は変わりないが、女優業にもますますどん欲になったことは明らかだ。

「この映画を機に女優としての第一歩を踏ませていただいたという気持ちはすごく強い。だからこそ、まだ見たことのない自分の一面を見たいし、いろいろな役に挑戦したいんです。私は死ぬまでこの仕事をしていたい気持ちが強くて、誰も想像できないような私の未来が築き上げられていければいいなと思っています。皆の期待をいい意味で裏切るような。だから今は正直、具体的な未来は描けていないし、描かないようにしておきます」

適切な言葉を探しながら、一生懸命自らの思いを伝えようとする真摯な姿は実にすがすがしい。固い信念を貫いた泉にも通じるものを感じた。“卒業”のないこの世界で、橋本がどのような未来を切り開いていくのか、どうしても想像してしまいそうだ。

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全109件)
  • 思ったよりも面白かった 長谷川博己がめっちゃくっちゃかっこよかった... 思ったよりも面白かった 長谷川博己がめっちゃくっちゃかっこよかった 堤真一でもいいなぁと思った ...続きを読む

    ぱん ぱんさん  2017年9月20日 21:22  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 真面目 前作が偉大なため、企画そのものが冒険みたいな作品。 高校三年生になった主人公(橋本環奈)が、またもややくざ同士の抗争に巻き込まれる。 主人公は中学生でも通る感じ。 ...続きを読む

    いやよセブン いやよセブンさん  2017年8月15日 21:30  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • こんな酷いオープニング初めてみたかも 角川映画40周年記念作品がこれで本当にいいのか? 笑ってみればいいのか? 橋本環奈のダミ声としゃくれ、性悪感はこのキャラには要らないとなるとやっぱりミスキャストというかまだ早かったというべきか。... ...続きを読む

    eli eliさん  2017年7月22日 15:39  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 鋼の錬金術師 「鋼の錬金術師」実写化は“パンドラの箱”なのか? 山田涼介&本田翼が語る“覚悟”
  • インタビュー DESTINY 鎌倉ものがたり 初共演で“ラブラブ”に!? 堺雅人&高畑充希が過ごした摩訶不思議な鎌倉の日々
  • インタビュー ビジランテ 大森南朋×鈴木浩介×桐谷健太、凍てつく深谷の地で発した役者としての衝動
インタビューの一覧を見る
Jobnavi