「DCにしては暗さ控えめ?」ワンダーウーマン サブレさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ワンダーウーマン

劇場公開日 2017年8月25日
全349件中、4件目を表示
  •  
映画レビューを書く

DCにしては暗さ控えめ?

出来がちょっとアレだったバットマンvsスーパーマンにも出てきたワンダーウーマンの単独映画。気持ちを高揚させる音楽と共に印象づけられた「美女戦士は天然系?」というフレーズ。これは違うんじゃないの?
美女戦士は天然、ではなく無垢。だからこそ成り立つ物語。善を信じるダイアナが、悪を打ち倒すために猪突猛進に突き進む様を、楽しみ、案じ、応援する話。
非情な現実に直面した時にどうするのか?という問いに対し、ダイアナが選んだ答えがいいね!それでこそヒーロー(ヒロイン?)

バットマンvsスーパーマンの時のような高速肉弾戦を期待していたのだけど、思ったよりも控えめ。ワンダーウーマンを改めて紹介する映画だし、仕方がないかな。肉弾戦以外のパワーも見せたいよね。こっちもかっこよかったし。
冬にDCヒーローが集う映画、ジャスティスリーグが公開される。それにも出るらしいが、きっと続編もあるんだろう。ワンダーウーマンが持つのは神の力。それに匹敵するような強大な敵を出せるのだろうか?楽しみである

サブレ
さん / 2017年11月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi