スノータウン
ホーム > 作品情報 > 映画「スノータウン」
メニュー

スノータウン

解説

オーストラリアで1992年から約7年間にわたって起きた「スノータウン男女12人猟奇殺人事件」を映画化した社会派ドラマ。オーストラリア南部に位置するアデレード郊外の田舎町スノータウン。シングルマザーの母親や障害を抱える弟と貧しい暮らしを送っていた16歳の少年ジェイミーは、隣人の男から性的虐待を受けてしまう。そんな折、母親の新しい恋人ジョンが家にやって来る。男らしくカリスマ性のあるジョンに惹きつけられていくジェイミーだったが、実はジョンは町の異常性愛者を根絶するべく恐ろしい殺人に手を染めていた。2011年カンヌ国際映画祭批評家週間で特別審査員賞を受賞した。

スタッフ

監督
製作
アンナ・マクライシュ
セイラ・ショウ
製作総指揮
ロビン・グッチ
マーク・ハーバート
原作
デビ・マーシャル
アンドリュー・マクギャリー
原案
ショーン・グラント
ジャスティン・カーゼル
脚本
ショーン・グラント
撮影
アダム・アーカポー
美術
フィオナ・クロンビー
衣装
アリス・バビッジ
フィオナ・クロンビー
編集
ベロニカ・ジェネット
音楽
ジェド・カーゼル

キャスト

作品データ

原題 Snowtown
製作年 2011年
製作国 オーストラリア
上映時間 120分

関連ニュース

関連ニュース

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

スノータウン
スノータウン
2013年12月27日
¥500
ビデオパス
※au IDが必要

他のユーザーは「スノータウン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi