ぼくは写真で世界とつながる 米田祐二 22歳
ホーム > 作品情報 > 映画「ぼくは写真で世界とつながる 米田祐二 22歳」
メニュー

ぼくは写真で世界とつながる 米田祐二 22歳

解説

京都在住の自閉症のアマチュア写真家・米田祐二さんが、初めて母親の手を離れ、沖縄を旅した3日間に密着したドキュメンタリー。3歳の時に自閉症と診断された祐二さんは、母・千鶴さんの携帯電話についていたカメラに興味を抱き、写真を撮り始める。そして15歳の頃からデジタルカメラでの本格的な撮影をはじめ、18歳の頃から京都市内や地元で写真展も開いている。そんな祐二さんが「観光バリアフリーモニターツアー」に参加することになり、母の手を離れて沖縄へ。生まれて初めて飛行機など、大きな不安を乗り越えて、祐二さんはさまざまな人と出会う。「普通に生きる」「晴れた日ばかりじゃないけれど」など社会性を帯びた記録作品を手がけるマザーバードの貞末麻哉子監督がカメラを回し、祐二さんの写真を通して見える美しい世界や、家族の生きる姿を映し出していく。

スタッフ

製作
貞末麻哉子
撮影
貞末麻哉子
構成
貞末麻哉子
編集
貞末麻哉子
プロダクションマネージャー
梨木かおり
洪福貴
整音
中山隆匡
MA
中山隆匡
音楽
chiharu
ナレーター
chiharu

キャスト

  • 米田祐二
  • 米田千鶴
  • 米田宏平
  • 中畑忠久

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
上映時間 68分
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「ぼくは写真で世界とつながる 米田祐二 22歳」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi