あの頃ペニー・レインと 特別編集版のレビュー・感想・評価

あの頃ペニー・レインと 特別編集版

劇場公開日 2015年5月22日
10件を表示 映画レビューを書く

ロックに溺れたい…

やる気なくすほど気持ちいぃロックもよいね〜〜
真面目に働くのがバカらしい
そんな時代もあった…過去の文化(笑)

mamagamasako
mamagamasakoさん / 2017年9月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

青春映画として素敵なお話です

無知な少年のたった数カ月だが鮮烈な
そして残酷な体験談。

出来事を淡々と追っていくようで不思議と
退屈ではありません。
あるバンドと美しいペニー・レインと過ごす中で、ひとり子供故に踏み込みたいが踏み込めないもどかしさ、無力感。
愛していたいバンドが自分やペニーをあっさり切り捨てた時の残酷さ。
ほっとけない系主人公ゆえどうしても
感情移入してしまう。結果最後まで見入る笑

主人公自身無力さにもがいている様でしたが
ペニーの孤独を少しでも埋めていた事
分かっていたんですかね。気付いて欲しいな

20超えて見てよかった
盛り上がりや見せ場と言えるところは
ほぼ無かったと言えます
でもいいお話だと思います。

LandBLUE
LandBLUEさん / 2016年2月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

好きな人は好きそう

才能はあるのに、売れてきたら調子乗って、どんどん堕落してくロックバンド。
見てて新鮮。

ペニーレインがまあ可愛い。

JYARI
JYARIさん / 2016年1月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ロックスターの世界

USAでロケンロールを鳴らすバンドに同伴した15歳ながらも抜群の批評文を書ける少年ウィリアムとそのバンドのグルーピー、ペニーレインがいい感じになりそうでなり切らないお話笑。

まず言わずもがな音楽が最高。70〜80年代のロックスターの曲がこれでもかというくらい使われている。ツェペリンの曲がよかったなぁThat's the way。

主人公のウィリアムは文才がある以外は普通のロック好きの少年。ロックスター達のド派手なツアーに帯同し、取材して原稿を作る初仕事を任され気合い入りまくりのとこをバンドメンバーに何度も取材を延期をされ、終いにはグルーピーの女の子に逆レ○プされ、妖精の資格強制剥奪される(実際はもっとPOPな感じでした笑)なんともうらや(ry
といった感じで中々うまくいかない始末。おまけにペニーはギターのラッセルにお熱だし、バンドはケンカして分裂の危機に陥るし、なんだか場違い感がすごく画面から伝わってきて見てるこっちがハラハラ笑。バスの端っこでソワソワしてる姿なんてみてらんなかった!笑

ミュージシャンと批評家(天敵)としてのウィリアムとラッセルの友情とその崩壊。それを取り持ち、彼らの前から姿を消したペニー。お互い思い続けていた女性に思わず救われ、以前の関係に自然と戻れた2人。
きっとバンドはうまくいく。ウィリアムもジャーナリストとして活躍する(実際してる)。ペニーも新しい人生を始める。そんな予感のする切ないけども爽快な気分にさせてくれる青春映画。サントラを聴き込んでもう一度見たいなぁ。

オレ
オレさん / 2015年12月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これがアメリカ人の青春!

いわゆる追っかけの存在がこんなに奥深い、有意義なものとは。日本じゃあ、こんなことないよね?よく知らないけど。
ウィリアムの母が日本人としては至極真っ当にみえるが、アメリカでは違うのねっ!
でも、彼女の最後のラッセルへのセリフ、あれはやっぱりアメリカ人だわ、クールだわ!
見終えて、ロックがより好きに、カッコヨク、そして少し冒険したい気分になった。

Sheeta
Sheetaさん / 2015年7月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

企画上映にて劇場鑑賞。

面白かった。15才のツアー同行取材。
バスでの各地の移動。(途中、飛行機になるが。)
終始、何をやらかすのか、飽きのこない展開ぶり。
最後は、落ち着くとこに落ち着くので、安心して観ていられる、ある意味、結果オーライムービー。

しかし、ペニー・レインって、何者なのだろう?
明らかになってないとこがいい。

ななまがり
ななまがりさん / 2015年6月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

青春、それは伝わる

評価が難しい。普段から洋楽は聴くけれど、当時を生きていない20歳そこそこの僕には雰囲気だとか、思い出だとかがわからないので、音楽の部分がどうしても響かなかったところはある。だけど青春映画としてはよくできていて、素直に面白いと思える。
しかし3時間は長い。手に入るならまずは通常版を観るべきなのかも。

ちかし
ちかしさん / 2015年6月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

また、きみに恋してる…

あの頃、恋をして…そして今、十数年の時を越えてもう一度恋をした一本。

ROCKと青春とビジネスと理想と現実と…
色々な要素を包んだエバーグリーンな名作に、今更ワシごときが語り加えることは無いけれど。

あの日抱いた恋心と、今感じる恋心が似て非なるものなのは…
ワシにも時間が流れている、いや、いた。
ということなんだろう…悲喜交々込めて。
かつて純粋にペニー・レインに憧れて、今ペニー・レインに人間としての信頼を見いだす。
そんな観手の成長(経年劣化とは言いたくない笑)とともに、味わいの変わるのが名作の条件なのかもしれないね…
「クレイマー・クレイマー」とかも、ティーンの頃とR35では大きく視点が変わってて驚いたんだよな。

ともあれ。

ROCKについて口を開くなら、是非観ておくべき作品。

好きこそモノのヘタレなれ
好きこそモノのヘタレなれさん / 2015年5月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後の懺悔は慎重に。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

バックトゥーザシアターで観ました。会員800円でプレミアスクリーン。
そして2001年の劇場公開版より長い特別版とのこと。初見でございました。

お馴染みの役者としては、ケイトハドソン(若くて可愛すぎる)、ズーイーデシャネル(サマーだ!)、フランシスマクドーナント(上手いです)あたりはよく目にする方々。
で、昨年亡くなったフィリップシーモアホフマン。いい味出してました。

あとは知らない人でした。主人公のウイリアム役の彼は全然知りません。かわゆい少年の近影に興味が湧き、画像検索しましたところ…むさくなっててちとショック…
あぁ、少年時代の美しさのまま大人にはなってくれないのが世の常なのかも、です。

いいお話でもあります。が、私は乱れた生活でラリってるゲーノー人にシンパシーがわかないタチですのでね、どストライクという感じではありませんでした。

なので、一番気に入ったのは飛行機での最後の懺悔ですね。懺悔したはええけど助かって知られたくないことがばれただけというね。
大いに笑いました。

ウイリアムには気の毒でしたけどもね。

だいず
だいずさん / 2015年5月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっぱり最高

フィリップシーモアホフマンのセリフが本当に素晴らしい

ふに
ふにさん / 2015年5月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

10件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi