GAMBA ガンバと仲間たちのレビュー・感想・評価

GAMBA ガンバと仲間たち

劇場公開日 2015年10月10日
34件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

子供と一緒に

9歳の娘が泣きながら見てました

takantino
takantinoさん / 2017年8月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

テレビのガンバが好きな私はちょっと残念…。

タイトルを見ると、懐かしいと感じます。

ですが、キャラクターデザインがイマイチ…。

アニメはやっぱり絵がとっても重要なので、可愛すぎてしまうキャラクターに感情移入しにくい印象でした。

豪華声優陣達なのに、勿体無いです。

昔のアニメのイメージでは、暗い殺伐とした戦いのシーンが印象深く残っています。

子供向けだからといって、安易に可愛らしくしないところが逆に良かったです。

でも、今回はダークな部分が薄れてしまった感じでした。

しかも、イタチがちょっとオネエぽかったのも否めません。

さらに、「シジン」が登場しなかったのも残念な要素の一つ。

あのアニメを知っていた私は色々と残念な気持ちになりました…。

ガーコ
ガーコさん / 2017年8月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エンドロールだけ抜群に良い

エンドロールだけ抜群に良い

じょ
じょさん / 2017年7月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

登場人物がみんな可愛くて、 子供の頃に戻ったような気分になれました...

登場人物がみんな可愛くて、
子供の頃に戻ったような気分になれました。
久々にアニメの映画をみたけど、すんなりみれておもしろかったです。

恵未香
恵未香さん / 2016年11月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

子供頃に見たガンバたちの熱い思いは伝わったので、このバージョンもあ...

子供頃に見たガンバたちの熱い思いは伝わったので、このバージョンもありでした。
92分なので癖のある七匹の個性が描ききれないのはやはり、オリジナルバージョンを観まくった自分としてはしょうがないとはいえ残念。
改めて奇数人数の佇まいのカッコ良さを実感した。

susumu takeda
susumu takedaさん / 2016年10月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ストーリーに関しても映像に関しても、まあ人間の描写とか四本足での走...

ストーリーに関しても映像に関しても、まあ人間の描写とか四本足での走り方とか微妙な部分も多々あったが持てる時間と予算で精一杯やったという頑張りを感じた。キャラデザが公開されたときは駄目だこりゃと思ったけど案外違和感もなかった。町から冒険に出ていくときのワクワク感と忠太のかわいさは原作や
TV版を越えたと思う。

時村
時村さん / 2016年9月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「ワンピース」の原作は「ガンバの冒険」? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「GAMBA ガンバと仲間たち」
(小川洋一 総監督・河村友宏監督)から。
どこで間違ってこのアニメを借りたのか記憶にない。(笑)
ただ、そんなハプニングがあったからこそ、
この作品を鑑賞する機会に恵まれ、多くのことに気付いた。
「1975年放送のテレビアニメ版『ガンバの冒険』」を、
現代風にアニメ化した作品であるが、40年ほど前から
こんなアドベンチャーがあったことに、まずは感激した。
この作品の主役はネズミたちだが、ストーリーは
まさしく現代の人気アニメ「ワンピース」の原型ではないか、
そんな錯覚さえしてしまうほど、の展開だった。(笑)
主人公の「ガンバ」が、前向きなところも、
「ワンピース」の主人公「ルフィー」と似ているし、
それを支える個性的な仲間たちも、どこか同じ匂いが・・。
だから「『ワンピース』の原作は『ガンバの冒険』?」という
フレーズで、記憶に残しておきたい。
作品だけを思い出すなら「ソテツの花言葉」かな。(笑)
(黄色のソテツが「希望」、赤いソテツが「愛してる」)

shimo
shimoさん / 2016年7月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

白組ガンバ(^∇^)b

なんと言ってもTVアニメの金字塔、出崎統監督の『ガンバの冒険』で育った世代ですから、あれを越えるアニメはまず無いであろうと思いつつ…。原作キャラのマンプクが復活しているのと、古沢良太さんの脚本なので、DVD販売記念試写会に応募しました。

結論から申し上げると、白組ガンバ、実に良かったです。(T_T)

序盤の忠太があまりにも健気でいじらしく…そこから先も、ほぼ泣き通しで、ボーボに至っては涙腺崩壊でした。(BBAだから余計に沁みるのかも?)

出崎ガンバは、原作の15匹の仲間たちの個性を6匹に集約し、半年かけてそれぞれの長所はもちろん、短所まで愛すべき個性として描きあげていきましたが、
白組ガンバは、92分という短い時間に物語を収める為に、15匹の個性を見事に再集約し直した感じでした。

例えば、シジン。
出崎ガンバには居て、白組ガンバには居ないキャラですが、
いつも呑んだくれていて、全く戦力にはならないし、中途半端な詩ばかり作っている…
シジンの魅力は、半年かけないと伝わらないでしょう(笑)

白組ガンバでは、出崎シジンが担っていた医者的な役割を、ガクシャに戻していましたね。

ガクシャも同じで、出崎ガンバのガクシャは、頭脳明晰で博識なのを鼻にかけてて、いつも上から目線の嫌な奴。
でも、旅を続ける間に、小さい身体や短いシッポにコンプレックスを抱えていることが随所にあらわれてきて、嫌な物言いですら愛おしくなってくる…
やはりこのへんの魅力も半年かけないとね(^^;;

ってか、白組のガクシャが素敵すぎ!惚れるから!!
半年かけられない分、最初からカッコイイです。
ヨイショの参謀的な居住まいがとても絵になるし、知的ななかに大人の穏やかさと色気があってな( ̄+ー ̄)

ファーストガンダムで池田秀一さんの声に惚れるように刷り込まれておりますもので、耳が幸せでたまりませんでした(≧∇≦)

声優と言えば。
出崎ガンバの野沢雅子さんが、ガンバを助ける立場でご出演なさっているのも感動ですし、
出崎ガンバでノロイを演じた大塚さんの御子息が、ヨイショとしてノロイに立ち向かうシーンには感慨深いものがありました。

でも、取り分け衝撃だったのは矢島晶子さん。
エンドロールでお名前を見るまで、全く気付きませんでした。
スゲイな。

潮路役の神田沙也加さんも素敵でした。
優しさと芯の強さはそのままに、これまでにはない大活躍を見せてくれるNEW潮路。
クライマックスのコントラストは鳥肌モノ!!

細かいところですと、
海岸線を走ってきたガンバと忠太が波に濡れた体をブルブルッと振るうシーンがあるのですが、ああいった絶妙なリズムのシーンに子供はハマりますよね。
子供が置いてけぼりのアニメが多い昨今、きちんと子供の為に作られているアニメだと感じました。

そして、エンディングも
「ちゃんと目を向ければ、自分のすぐ近くにも、こんな仲間達がいるんだよ。」というメッセージを感じて、とても素敵でした。

諦めない気持ちはもちろんですが、
相手の個性を認めて、自分に不足しているところをそれぞれ補い合うことで強い力が生まれる。
(イカサマがボーボの言葉にハッとさせられるシーンが大好き!)
自分だけの世界から、他者を意識し始めて、徐々に社会性が芽生える幼少期に、是非見ておくべき映画です!( ̄▽ ̄)b

短い時間の間に、島ネズミ集団のなかの反乱分子を入れてくださったのは嬉しかったです。
70年代の作品には欠かせないポイントですから。

あと、出崎ノロイは私にとって脅威でしたが、現代っ子には白組ノロイがどう映ったのか…
とても興味があります。

監督お二人によるトークショーでは、いろんな裏話や苦労話しが聞けて楽しかったです。

フルCGアニメと言えば、ピクサーやドリームワークスが筆頭に挙がると思いますが、それぞれの良さがあって私も大好き(^ν^)
でも、細やかな演出や心理描写なら白組に軍配が上がると思います!

アヴィ・アラッドさんのプロデュースで一気にシェアが世界に広がったのでしょうが…カットされたシーンも見たかった~ (>_<)
世界が求めているのは、世界標準のクオリティなんかより、飛び抜けた独創性だと思うので、
今後も白組の得意とする部分を、どんどん見せてほしいです。( ´▽`)

フランスで公開されるそうですが、フランスの人達の心にも届くよう、切に祈ります。

shiron
shironさん / 2016年7月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もっとヒットしてほしい

百日紅にしろこういうアニメがヒットしてくれれば良いと思いますけど最初の白組のロゴからラストエンドロールまで充分楽しめました。白組の次の作品も期待してます!

さもさん
さもさんさん / 2016年2月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待してませんでしたが…

かなり個人的に好きな映画でした。
ガンバやちゅうたがすごく可愛らしく、勇気の大切さを感じました!
しかし、ノロイとその部下たちが相当怖かったです。
期待してなかった分、ストーリーが進むにつれて、のめり込んでしまいました。

yoshi
yoshiさん / 2016年1月28日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うお

初めのガンバが海を目指すくだり、ヨイショたちと出会うとこはちょっと展開が急だったかも知れません。それ以外はとっても満足!キャラの描きわけが明確で分かりやすい〜。潮路かわい〜い。雰囲気の作り方がよく出来てる〜。エンドロールのアニメーションも可愛いから見てください〜。

ソリータ
ソリータさん / 2015年11月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ノロイがよく喋るし口調がオカマっぽい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

2015/10/13、イオンシネマ港北ニュータウンで2Dで鑑賞。
テレビアニメ版では圧倒的に恐怖の対象だったノロイだけど、このアニメではよく喋るんだよね。しかも女っぽい口調で。TV版では一切喋っていなかったと記憶してたけど、DVD借りて確認したら一応喋ってました。映画版ほど饒舌ではないけど紳士的ながら慇懃無礼な感じで喋ってました。そんな風によく喋るように設定されてしまったから、怖さがいまいちだった。
テレビ版と大きく変えたキャラ造形は違和感なかった。CGはとても良く出来ていたと思う。
不満点はあったけど、最後まで退屈せずに楽しめました。

月野沙漠
月野沙漠さん / 2015年11月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待以上でした。

テレビ番組の記憶が甦り、そうそう、こうだった!って思いながら観てました。ノロイ怖かった、何度もゾッとした。でもテレビの方がもっと怖かったと思う。

okuy
okuyさん / 2015年11月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

新しいが… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

TVシリーズだった旧「ガンバの大冒険」
俺の人格形成に多大なる影響を与えたような気がしてる。
ビデオテープでリリースされた全話を購入し、再編集された劇場版も持ってる。

違うのは承知で観に行ったけど、ちょと感動した。
でも、野沢版ガンバの勇気や折れない心、天真爛漫さ、猪突猛進ぶり、超前向きなところ…その他諸々、やっぱり現ガンバは敵わない。
野沢版が持ってた太陽のような力がなかった。
ちょっと無鉄砲な、ちゃんと理性に則ったキャラで、残念だった。
上映時間の短さ故、絆の希薄さや冒険譚の省略がなんとも歯痒い…。

…絵自体もCGでありながら奥行感が少なくノッペリした印象。
ノロイがネズミに差し出す果物に至っては、立体感が皆無だった。崩れないし、動かない…。
悪の描き方や、表情、リアクションなどアメリカっぽく、鼻につく。
ただ背景はすこぶる良かった。
OPの街の空撮など身震いする程だった。

何より気になるのは、神田沙也加のブレスが気になって仕方なかった。
透き通るような声を持ってるんだから今後研究していただきたい。
そんな中、野村萬斎演じるノロイの達者な事…終始オペラというか、台詞に調べがあるような感じではあったが、ハマりまくってた。あれで素の部分を表現できるカットがあれば、かなりノロイの怖さが強まる。

倍賞千恵子さんといい、萬斎さんといい野沢さんといい、ベテランの地力を再確認した。

野沢さんのガンバをもう一度観たい。
もう後がない、でも踏ん張れ!
「シッポを立てろぉぉっ!」
この台詞が耳の奥から響いてくる。
…そういえば、この台詞なかったな。

俺の中のガンバはバカでおっちょこちょいなんだ。
考えるより先に、動いちゃうヤツなんだ。
そいで一杯失敗すんだけどめげないんだ。
でも、
正しい事を正しいと叫ぶ勇気を持ち、信念を曲げない意思の強さを持ってる。
弾丸のように走り、敵に突っ込んでくんだ。
小さな小さなネズミが、何倍もあるノロイを前に臆する事なく睨みつけ、挑みかかる。
でも、ダメだ…やっぱり敵わないよ…
そんな弱気に襲われそうな時
「シッポを立てろぉぉっ!」
ガンバは叫ぶ。
自分を鼓舞し、仲間を鼓舞する。
そんな野沢版ガンバが大好きだった。

今も、思い出しながら書いてると目頭が熱くなって涙が滲む。

U-3153
U-3153さん / 2015年10月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

七人のサムライネズミ

ずいぶん昔……小学校低学年の頃だったろうか、
再放送か何かでこの『ガンバ』のアニメ版を見ていた記憶があるのだけれど、
可愛いネズミの絵柄やホンワカした主題歌に反してやたらめったら雰囲気が重く、
子どもながらにあまり好きでは無かった記憶がある。とはいえ
本作は記憶にある『ガンバ』とはキャラクターデザインも全く違うし、
日本CG技術界の雄・白組が制作を手掛けたアドベンチャー映画という事もあり、
どれ鑑賞してみようかぃとなった次第。

ストーリーは殆ど忘れかけていたけど……これってネズミ版『七人の侍』だったのね。
正義感と勇気はいっちょ前の主人公ガンバ、大食いで能天気な相棒マンプク、
荒くれネズミの親分ヨイショ、沈着冷静な参謀役ガクシャ、
ムードメーカーのボーボ、皮肉屋のイカサマ、そして小っちゃなチュータ。
個性豊かな彼らが、とある島のネズミ達を恐怖に陥れる強大な白イタチ・
ノロイの軍団に立ち向かうという物語。

90分間という割りと短い上映時間の中に、主人公たちの出会いから
島での冒険そしてノロイ軍団との総力戦までをギュウッと凝縮。
記憶とは違って重苦しさはそんなになく、シリアスな部分もあるが
明るく楽しいアドベンチャーに仕上がっていた。
.
.
.
とはいえやはり、短すぎる上映時間がネック。展開がせわしなく、
アドベンチャーアクション的な見せ場やキャラクター描写の薄さには不満が残る。

特にキャラクター描写が淡白になってしまった点はかなり痛い。
会って15分で旧知の仲みたいになるヨイショとガンバとか、ボーボの為に男泣きするイカサマとか、
「盛り上がってるところ悪いんだがいつの間にそんなに仲良くなったん」と感じてしまう場面がちらほら。
そもそも街で満足な生活を送っていたガンバが海に憧れる理由も弱いし、
ヨイショとノロイの因縁についても匂わせるだけでほとんど語られないし、
その他イカサマや島のネズミ達(特にあの悲観的グループとか)の存在感も中途半端だ。
ガンバ以外の主要メンバーも、見た目や性格に個性はあるが、その個性を活かした見せ場となると、多くはない。

仇役ノロイの存在感も今一歩。登場するまでに話の端々にはその名前が出るのだが、
島に到着してからガンバ達がノロイの襲撃を受けるような場面があるわけでもないので、
後半になっていきなり登場して、そのまま退場してしまったという印象が強い。
あの妖しげな力も何だったんだろ。もう少しノロイの背景について描いてほしかった。
.
.
.
しかしながら海上で繰り広げられるクライマックスは「流石は白組!」と唸るかなりの迫力で、
ガンバ達&○○○の大奮闘そしてノロイさんの大暴れはエキサイティングだ。
分かりやすくて素直な大団円にも、ほっとひと安心して終幕。

先述のようにキャラ描写やドラマ運びに関する不満は多いのだが……
さっくり観られる上映時間も含めて、口やかましい僕のようなヤツよりも
子ども達が観て素直に楽しむにはちょうど良い作品なのかもしれない。
親子連れで観に行くには良い映画かも。
とはいえ、個人的な評価としては、まあまあの3.0判定で。

<2015.10.10鑑賞>

浮遊きびなご
浮遊きびなごさん / 2015年10月27日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった

 最後には主役が勝つというシナリオがよかった。
ただ勝利だけでなく、仲間の死やヒロインが実はママだった
という落ちもちょっと笑えた。

みなかみ問屋
みなかみ問屋さん / 2015年10月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

確かに大人でも十分楽しめた。

題名しかしらないので子供むけかな、と思い続けていたけれど確かに大人でも十分楽しめた。
物語りも冒険活劇でいいけど、描かれるアクションシーンも十分な出来具合。
馬車の疾走や海戦シーン、それに呪いの不気味なキャラつくりは子供にはトラウマ級では。
あっという間の90分でした。

peanuts
peanutsさん / 2015年10月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

新鮮だった

テレビアニメを知らないので、原作はわかりません。
娘と二人で観に行きました。
これ、始まりの部分がディズニーだったらディズニーの映画と思うかもしれないほどよく出来ていると感心しました。
ディズニーよりも新鮮のような気がしました。
続編を作るかは知りませんが、続編が作られるかもしれない気がします。
もう、ジブリも終焉のような気がするこのごろです。新しい時代に入ってきている気がしました。

やっぱり傑作RS-1506U 38-2Tも可
やっぱり傑作RS-1506U 38-2Tも可さん / 2015年10月23日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

イマイチ

普通。
ひねりがない。
映像はきれい。

ライトオ
ライトオさん / 2015年10月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小学生の子供連れで鑑賞。 昔のアニメのファンだった者には、中々あの...

小学生の子供連れで鑑賞。
昔のアニメのファンだった者には、中々あのキャラデザインには馴染めないですね〜。
ノロイの恐さは秀逸でした、子供達もビビってました。

やまぼうし
やまぼうしさん / 2015年10月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

34件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi