孤独の暗殺者 スナイパーのレビュー・感想・評価

孤独の暗殺者 スナイパー

劇場公開日 2015年5月30日
4件を表示 映画レビューを書く

いい作品

人間ドラマとアクション映画の中間。
フランス映画らしい静かな展開と描写がいい。

素子
素子さん / 2016年6月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すごい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

じわじわとくる緊張感。
主演、誰よ!?
あなたは変わった。
じゃあ、お前も変われよ。
変わっても会話のない二人の衝撃のラスト。
言葉は要らないんだ…

ピース
ピースさん / 2015年12月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

閉塞感が強く、酷く息苦しい作品。

突出した射撃技術を持つにも拘らず。
押しの弱い性格も相まって不遇の生活を送るヴァンサン。
予期せぬ事態が重なり八方塞となった彼の元に一人の男が訪れて或る依頼をする。
その依頼を受け入れた時からヴァンサンの人生が狂っていく。

ヴァンサンを中心に描かれる世界。
全編通して薄暗く、閉塞感が強く、酷く息苦しい。
彼の元に舞い込む厄介事は非常に理不尽で静かな怒りが満ちていく。
溜めに溜められた怒りが一つの形で帰着した時。
…起きている事態とは裏腹に一種の爽快感が。
しかし爽快感は長くは続く、踏み入れた闇に呑まれ堕ちていく姿に再び息苦しさを感じる。
思い返せば、終始息苦しさを感じる作品でした。

閉塞感が強く、酷く息苦しい本作。

薄暗く閉塞感が強い世界観は、映画「フォックスキャッチャー」を。
或る場面では映画「アメリカン・スナイパー」を彷彿。

決して派手ではないですが深く重く楽しめる作品だと思います。
オススメです。

Opportunity Cost
Opportunity Costさん / 2015年7月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

堕ちて行く

説明や台詞は少ないが普通の人が堕ちて行く様がビシビシ伝わってきて、現実的ではないけれど、現実に身近なところでも起きる様な気分にされる。その後彼らがどうなるかを観せない終わりかたも重さが残り幅が拡がって良い。

Bacchus
Bacchusさん / 2015年5月30日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi