モヒカン故郷に帰るのレビュー・感想・評価

モヒカン故郷に帰る

劇場公開日 2016年4月9日
61件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

高評価の

意味わからん
退屈な映画暇つぶしにもならない

太郎
太郎さん / 2017年9月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

デスメタルバンドのモヒカンが数年ぶりに結婚・妊娠報告に帰省。そして...

デスメタルバンドのモヒカンが数年ぶりに結婚・妊娠報告に帰省。そして父親はガンに。

だいたい予測はつく流れ。

広島の離島ののんびりした雰囲気、多くを語らずとも分かる関係性、しんみりだけではないコメディタッチのかんじで、びっくりするような結末、どんでん返しはない。

キッスィ
キッスィさん / 2017年7月1日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高に笑った 最高に感動したい

親だって死ぬ。そういう意識初めてあった。映画はどんなシーンもほどよく、セリフも味深いだと思う。俳優さん、女優さん達の演技もすごく感心した。龍平さんも本当にかっこよすぎて、モヒカンも似合う、どんなキャラクターもうまく演じるのがあらためて感じた。この映画を観て、自分も結婚したくなってしまった(о´∀`о)龍平さん、ずっと応援します!

菅田清
菅田清さん / 2017年6月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

龍平、かわいい

千葉雄大も、いい味出してる
もたいまさこも、相変わらず素敵。
こんなお姑さんがいい!

めんつゆ入れときゃなんとかなるのよ、名言。笑

8716
8716さん / 2017年4月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

親って死ぬんだな

よく似た境遇で切なくなった。
しかし前田あっちゃんは、あの手の役が抜群です。

カタヤマ
カタヤマさん / 2017年2月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ついでで見たら面白かった

かなり、「ついでに」観た映画だったが、かつ前田敦子と知っていれば観なかっただろうが、結果としては面白かった。松田龍平と柄本明の二人でもつ映画だね。
男親と息子の関係はなんか、いい感じだった。

無関心••3••好 SF
並••3••凄
無•••4•涙/無1••••固ゆで
無••3••社会派/大衆•2•••狂信
標準/沈黙
俺の満足度 70点
作品賞可能性 40%

CB
CBさん / 2017年2月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑えて優しい気持ちになる映画

カープやえいちゃんなど、広島のご当地ネタが出てくるので楽しい。
こんなことありそうだという日常をナチュラルに描いてるなと思った。その本人は真剣にやってるんだけどその日常が、はたから見ると面白くてけっこー笑った。
話の内容的にシリアスになりがちなところを、暗くならず、感動させようという厚かましい感じもない、ほんと自然な感じでとても良かった。
登場人物それぞれ可愛いところとかあって好きになったし、みんなふつーにいい人だなと思った。
これ見たらなんか田舎に帰りたくなる、優しい気持ちになる映画だった。
モヒカンにして一見やんちゃに見える人も、実はこんなあったかい家族がいるのかな。

みー
みーさん / 2017年1月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑えて泣ける。。グレイト!

笑えて泣ける。。グレイト!

ツタヤ
ツタヤさん / 2016年11月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

喜びも悲しみも緩い笑い

タイトルと大まかなあらすじだけ木下恵介監督の往年の名作を彷彿させるが、話は完全オリジナル。
モヒカン頭のヘヴィメタバンドのボーカルが故郷の超ド田舎の小島に帰る。
カルチャー・ギャップは勿論の事、全編通してクスクス、クスクス、絶妙な間合いの緩~い笑い。
主人公が東京のバンド仲間に書いた手紙、“死”を強調してるバンドのくせに、それとは正反対の手紙の締め括りの言葉にメチャウケた。
沖田修一監督のこの感じ、いつもながらツボにハマる。

島民呆然唖然のヘヴィメタバンドをやって意気揚々と東京に戻るのではなく、妊娠した恋人を連れて結婚報告に来た筈が、父が末期癌だと分かって…。
暫く疎遠だった父の為に、父が死ぬまでにしたい事を実現させようとする。
ここで非常に気に入ったのが、ベタな難病&感動の家族物語にならず、ずっと緩~い笑いのまま。
息子が父憧れの人に扮したシーンはホロリとさせるものの、ピザの件や最後なんてドタバタ喜劇。
人生は喜劇。あざといお涙頂戴劇なんかより遥かにリアル。
その上で、不器用な息子と父、家族の関係をほのぼのと、しみじみと、描いてみせる。

表情も感情もモヒカン頭も変わらない、いい意味でいい加減な主人公。個性的な役をやってこそやはり光る松田龍平の個性。
父=柄本明、母=もたいまさこ、演技の巧さは勿論、その顔合わせだけでも笑いがこぼれる。しかも、息子に同じ名前を付けるほどの永ちゃん命の父、熱烈なカープ女子の母というおまけ付き。
ちょっとオツムが弱い今時の女の子の主人公の恋人を、前田敦子がナチュラル&キュートに。彼女もまた個性的な役を演じれば、まだまだ新たな魅力や一面を見れそう。
父が指揮する中学吹奏楽部の唯一の男子部員の何処にでも居そうなフツーの無個性もナイス。

大きな出来事も起きず、大笑いも無い。
つい忘れてしまいそうになるけど、ふとした時に思い出して、クスッとほっこりさせてくれる。

近大
近大さん / 2016年11月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これぞ邦画です。

シュールな笑いがとてもよかった。
大好きな作品になりました。

俳優さんたちみんなはまり役!
特にここで申し上げておきたいのが、前田敦子。
私はあっちゃんの大ファンで、彼女の出演する映画はだいたい鑑賞しています。
前田敦子は本当に演技がうまい。
もう元AKBとかアイドルとかいうのはやめてほしい。
彼女をひとりの女優として認めてほしい。
あっちゃんの演技をちゃんと見てほしい。
そうすれば、彼女の良さがわかるから!!
元アイドルが、あんな汚いロールキャベツの食べ方をできますか??(モラトリアムたまこ)
元アイドルが、ラブホテルが舞台のr15の映画に出演しますか??(さよなら歌舞伎町)
元アイドルが、わざわざでき婚の妊婦の役をしますか?(モヒカン)

しないでしょー!

って、あれ?なんのはなしだっけ?笑
全然作品のレビューになってくてすみません

まなみ
まなみさん / 2016年11月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実家に帰りたくなる。そんな映画。

家族愛とか簡単に口にはいうけど、実際に行動できる人はどのくらいいるのか。

ただそれも、単純にオムツを替えたりするだけではなく、不器用ながら自分のできることを模索して親というものにどう孝行していくか考えさせられる映画。

まずキャストがいい。
松田さんや柄本さんは言わずもがなだが、歌舞伎町からの前田敦子は本当にめんつゆのような存在になってきている気がする。

カメラワークもすごく奥行きを大切にしていると感じた。動きはほぼないんだが、実家という小さな家をカメラを動かさずして広さを表現していた。

単純にコメディだけではなく、人情深いところが染み入るいい映画だった

ちゃーるすとん
ちゃーるすとんさん / 2016年10月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前田敦子の使い方

モラトリアムまあこもけど、上手に起用されていて魅力が良くでてます。観賞後に暖かい気持ちになれる良作。邦画が元気で本当にうれしい。

なお
なおさん / 2016年10月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前田

松田龍平のスレイヤーTシャツ、前田敦子のブルズTシャツにカープTシャツ。柄本明ともたいまさこの両親。広島、瀬戸内海の島。吹奏楽。

pigeyes
pigeyesさん / 2016年10月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ありがとう。

やっぱり沖田修一が好きです。なんか、やっぱり日本映画は面白いって思う。伊丹十三さんの映画みたいな娯楽性とコメディ性に優れた作品を作り続けることのできる唯一の監督。全員がハマリ役。さいごにはちょっと泣かせてくれて、本当に最高でした。沖田作品ってどんどん面白くなっていく気がする。また一位更新って感じで、毎回新鮮で新しい感じがする。広島とか永ちゃんとか、とらえるコンテンツもやはり良い。コメディのユーモアのスパイスとしてちゃんと使えている気がして、いらないものは何もなく感じる。

HISAKO
HISAKOさん / 2016年9月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

空の上で感じたこと

旅の帰りの飛行機の中で見ました。
せまい座席で、ひとり笑いも涙もをこらえられず。見始めてから30分くらいで、松田さん演じるエイキチをもっと見たいとおもったら、空の上で、まだまだ死ねない、飛行機落ちるなよ、と思いました。笑

自分の大好きなおじいちゃんが、亡くなるまえの時と、柄本さんの演じた永ちゃん大好きな親父が、大変なんだけど笑ってしまう感じがだぶりリアルだなーと思いました。人間って死に際とか、結構滑稽なのだ。

親父のために涙して、奮闘して、高校生とセッションして、カープ好きのおかんに泣かれたり、彼女も弟も、みんな生きてる。

まだまだ死ねん。笑
この感動を誰かと分かち合わねば。

まるcox
まるcoxさん / 2016年9月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑えて、泣けて、あたたかい映画でした(*^^*) キャストも良いし...

笑えて、泣けて、あたたかい映画でした(*^^*)
キャストも良いし、沖田監督の作品の雰囲気が好きです!

ゆう
ゆうさん / 2016年6月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

割と気持ちいいね!

さほど笑えるわけでもなく泣けるわけでもなく、温いお湯に長くつかっているような気持ち良さがある映画でした。

キャストが良くて、前田敦子はハマり役でしたね〜
松田龍平もさすがのぼんやりカッコ良さ発揮、って感じでした。

小ネタも多くて、ゆったりした気分になれました。
すなわち、あれこれ考えるような映画ではないので、刺激はなかったです。

kkmx
kkmxさん / 2016年6月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アホだけど、好きなテイストのホームドラマ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

父が矢沢永吉ファンだから、永吉と名付けられたモヒカンを主人公にしたホームドラマです。

モヒカン野郎が、適当で、困った子です。
「俺なりになんだかんだ考えて、みんなの言うとうりだと思う」(だったかな?)、という、無責任・ことなかれ・他力本願・かいしょなしを、猛然とアッピールする(二回も)やる気のないバンドマンです。
唯一の自己主張は、モヒカンを切るのは嫌!ってくらいの、ダメやろーです。
龍平スキーですが、この永ちゃんは愛せないわーという主人公です。

年下の恋人のヒモみたいな生活から、予期せぬ妊娠!よーわからんけどとりあえず結婚?だから7年振りに故郷に帰ったら、というお話。

まぁ、予定調和ではあります。
ラストの、柄本明おとうさんの死に方は、笑ったけど笑ってええのか?的な、とんがった感じでしたが、その他はまぁ予想通り。
でも、楽しめるというか、愛おしいなぁという気持ちがしました。
ゆかちゃんの姑・舅にすっとなじむ感じが、伸び伸びした感じがとても良かったですし、もたいさんのカープファンすぎるママも良かったし、なんか頼りない弟くんも良かったです。

ありきたりな難病家族モノではありますが、ディテールが好みなのでまぁ良かったですって感じです。
中学生の演奏する曲が、結構好きでした。あのぼんやりしたまったりしたなんかよくわからん演奏の味わいが。つぼでした。

親はいつか死ぬよね。わかってる。つか、うちの父がん患者だし。そして私もいつか死ぬよ。

だいず
だいずさん / 2016年5月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

シリアスと笑いの、相性の悪さが生んだ良作

AKB48には興味がなかったけど、

女優前田敦子が好きなので鑑賞。

彼女は「もらとりあむタマ子」で開花して

「さよなら歌舞伎町」「イニシエーション・ラブ」とよかった。

生っぽく艶がある演技と、

作品の空気を変える世界観に、女優力を感じます。

そういえば、前作に続いて松田兄弟と共演なんて、

これも面白いですね。

あとは、いつものように知識もなく。

タイトルが3流ぽいけど、

実力派俳優が固めているし、外さないだろうと...

劇場は邦画の聖地、大好きな「テアトル新宿」。

平日18時の回で、8割埋まっていたのは意外でしたが(笑)

作品は、なかなか良作でしたよ。

思わぬ拾い物です。

親父の死を受け入れていくシリアスな家族のお話だけど、

少しだけコメディなのがこの映画の魅力。

そして泣かせようという意図も、インチキなセリフも、

媚びた田舎表現も排除されている。

等身大で共感できる時間の作り方だから、

その家族と共に生きている島の人たちのような、

不思議な気分。

そこにほっこりする瀬戸内海、

広島下蒲刈島のやさしい風景や、

あたたかな島人たちの日常が入ってきて、

すっかり癒されます。

しかし淡々と流れるのではなく、

しっかり置かれているいくつかの印象的なシーンが、

この映画を深いものにしていました。

沖田監督は南 極料理人も良かった。

確信犯的に計算しつくした演出と脚本に、

才能を感じますね。前作も観てみよう。

キャラの設定がいいですね。

デスメタルのボーカルでヒモ生活の主人公に、

できちゃった婚する能天気なオンナノコ、

広島生まれで永ちゃん命の親父さん...。

色をつけるのは、クールで正直な松田龍平くんに

おちゃめな前田敦子さん、

そこにいぶし銀な柄本明さんともたいまさこさん。

おのおのの力量が息吹を注いで、

ベタな設定も見事に愛おしいキャラに。

榎本さんは本当にすごいですね。

元気からガン末期患者の移り変わりは、壮絶です。

前田さんともたいさんの嫁姑の関係は、本当に素敵。

こんな家族、憧れます。

「YAZAWAは広島の義務教育です」といって、

中学吹奏楽部に「I LOVE YOU OK!」を

いやいや演奏させてる親父さんに、

僕はひとり劇場で大笑いしてしまいました。

高校時代の僕の先輩が矢沢永吉の大ファンだったのですが、

その奇妙な行動に影で面白がってたものです。

いつもロゴ入りバスタオルを持っていて、

白いテープの巻かれたマイクスタンドがある部屋は

ポスターをだらけで、

白い上下のスーツを着て、車には特大ディカール。

親父さんのディテールも、

そんなファンを再現した監督の遊びが満載です。

永ちゃんファンも、きっと楽しめますね。

「親って死ぬんだな、わかってたつもりだけど..」

誰もが知ってるそんな切ない気持ちが、

胸に響いてくる。

父と息子の不器用な親子愛が、

この映画のホントのテーマ。

けど笑いという相性の悪い装置で、

不思議な空気に包まれている2時間。

悲清々しいという観後感の、

今までにない面白い体験でした。

Cディレクターシネオの最新映画レビュー
Cディレクターシネオの最新映画レビューさん / 2016年5月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

臨終

死に向かう人や、死そのものにさえ不必要な悲壮感を持たせなくて、それでもグッと来るシーンはたくさんあって、笑えるシーンも多くて、終始心地よかったなー。

大手のシネコンじゃなく、敢えて地元のちっちゃい映画館に来るのを待って観て良かった。
やっぱり雰囲気って大事。

ただ、今夜その映画館の近所で花火大会がある影響か、僕以外は全てカップルや夫婦。
まあでも、この映画はそれが正しい見方かもしれません。

52

ヨッシー
ヨッシーさん / 2016年5月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

61件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi