ダライ・ラマ14世
ホーム > 作品情報 > 映画「ダライ・ラマ14世」
メニュー

ダライ・ラマ14世

劇場公開日

解説

1989年にノーベル平和賞を受賞した、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世に密着したドキュメンタリー。「世界平和に貢献する人々」の撮影をライフワークとする写真家の薄井大還が、91年に法王のポートレイト撮影を許可されたことが縁となり、チベット亡命政府からドキュメンタリー映画製作の許可を得た。「おぎゃあ。」「大阪ハムレット」の光石冨士朗を監督に迎え、チベット亡命政府のあるインドのダラムサラと、いまもチベットの伝統と風習が受け継がれるラダックなどで取材を敢行。6年の歳月をかけて完成させ、脈々と受け継がれるチベット仏教の教えと、その源流であるダライ・ラマの存在、そして亡命後にダライ・ラマ法王14世が人々と作り上げてきたものを浮き彫りにする。

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
配給 ブエノスフィルム
上映時間 116分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全8件)
  • ●聖人の苦悩。 生ける伝説、ダライ・ラマ14世。このネット社会で世界で唯一といっていいほど、その神聖が保たれている。 と思ったら、陽気で気さくなおっさんだ。チベットの歴史を考えたら、前向きに明るく振舞わなければ... ...続きを読む

    うり坊033 うり坊033さん  2016年7月17日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • ダライ・ラマ 伝記や本を何冊か読んでいるので、ある程度知っていることが多かった。 チベットの人達の純粋な信仰を感じられたのが、とても良かった。 仏教を知的に理解してしまうが、信仰、生活信条として教えに生きるこ... ...続きを読む

    Momoko Momokoさん  2015年11月10日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 「ダライラマ14世」という存在の意味するもの 法王密着ドキュメンタリ。 時にお茶目で、時に大声で笑い、人がいても鼻をかむし、かしこまらずにお茶を飲む。まさに本人の言うように一人の人間なのだ。 けしてかしこまらず、それでいてチベットのために心... ...続きを読む

    栗太郎 栗太郎さん  2015年7月20日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi