道しるべのレビュー・感想・評価

メニュー

道しるべ

劇場公開日 2015年6月13日
1件を表示 映画レビューを書く

爽やかなコメディー

シナリオ書きで御法度の偶然を逆手にとって、見事に笑いと涙と希望を映画にしたと思う。人生は、いつも綱渡り。就職も家庭も恋愛も。みんな細い危なっかしい綱の上を気づくと気づかないに関わらず歩いている。特にトシローのハマった悪の道は、真っ当な生活という岸辺と地獄の荒海との間に架かっている荒綱。たまに社会生活という岸辺にゆらゆらと近づくこともある。そんな時ほんのちょっとした勇気があれば、真っ当な道へひょいと飛び移れるのだ。そんな心の小さな勇気を教わった気がする映画だった。

kurahashi
kurahashiさん / 2016年2月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi