蘇生
ホーム > 作品情報 > 映画「蘇生」
メニュー

蘇生

劇場公開日

解説

声優や俳優として活躍する傍ら、映画監督として「祈り サムシンググレートとの対話」「魂の教育」といった作品を送り出している白鳥哲の監督第5作。放射能による環境汚染をはじめ、人類が汚染し続けている地球環境を蘇生させる微生物の可能性について追求したドキュメンタリー。乳酸菌、酵母菌、光合成細菌を中心とした微生物に詳しい琉球大学名誉教授・比嘉照夫農学博士の研究から、微生物の集合体が環境問題や食糧問題、健康問題の大きな解決策となりうる可能性を探っていく。ロングランヒットを記録した「祈り サムシンググレートとの対話」同様に、ドキュメンタリーパートに交えて回想ドラマパートも挿入。ドラマパートでは元「男闘呼組」の前田耕陽が、比嘉博士役を演じている。

スタッフ

監督
プロデューサー
三浦知子
制作プロデューサー
赤間俊秀
撮影
荻久保則男
照明
石谷等
録音
長谷川真悟
美術
本間千賀子
泉人士
編集
森隆倫
音楽
黒石ひとみ
CG
平山則廣
スタイリスト
高橋英治
ヘアメイク
小林佳苗
助監督
中島陽司
久保田健介

キャスト

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 東京平和 OFFICE TETSU SHIRATORI
上映時間 90分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.8 2.8 (全2件)
  • 現代科学を超えた最高傑作 地球上の問題が微生物で治していけるという内容の非常に濃い映画でした。 確かに放射能汚染なんかの問題は未だに深刻。ただ、この映画でも言っているように有用微生物郡で放射能が消えるというデータは各地で... ...続きを読む

    yoichi yoichiさん  2015年9月19日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • ニセ科学バンザイ まさかのEM菌映画が公開されるとは 驚きの世の中ですね。波動でなんとかなるという。科学的根拠も無い思想が大手を振って映画になり、トンデモをこよなく愛するウォッチャーに至福の時を与えてくれるとは、... ...続きを読む

    tane taneさん  2015年4月12日  評価:0.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi