涙するまで、生きる
ホーム > 作品情報 > 映画「涙するまで、生きる」
メニュー

涙するまで、生きる

劇場公開日

解説

ノーベル文学賞作家アルベール・カミュの短編小説をビゴ・モーテンセン主演で映画化したヒューマンストーリー。1954年、フランスからの独立運動が高まるアルジェリア。元軍人の教師ダリュのもとに、殺人の容疑をかけられたアラブ人のモハメドが連行されてくる。裁判にかけるため、山を越えた町にモハメドを送り届けるよう憲兵から命じられたダリュはやむを得ずモハメドとともに町へと向かう。復讐のためモハメドの命を狙う者たちからの襲撃、反乱軍の争いに巻き込まれるダリュとモハメド。ともに数々の危険を乗り越える中で、二人の間に友情が芽生え始めるが……。監督・脚本はフランス出身のダビド・オールホッフェン。

作品データ

原題 Loin des hommes
製作年 2014年
製作国 フランス
配給 レスペ、スプリングハズカム
上映時間 101分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全4件)
  • じんわり沁みる ネタバレ! アルジェリア生まれのフランス人作家カミュの短編が原作の、1954〜1962年にフランスの植民地アルジェリアで起こった独立戦争が舞台。 荒野にぽつんと建つ学校で一人で暮らす教師の前に連行されてきた... ...続きを読む

    ミーノ ミーノさん  2015年11月23日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 荒野も砂漠も。 ネタバレ! 久々のヴィゴ鑑賞!やはりカッコいい。荒野も砂漠もよく似合う。 しかも俗世を捨てた男だ。小学校の中年教師?あり得ねぇ~ぞと 思いつつも、彼が子供達を優しく愛でる様子にますますの熱視線。 何をやって... ...続きを読む

    ハチコ ハチコさん  2015年10月21日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 日本では在日コリアの目線か。 ネタバレ! フランス人として異国で生まれが、出自がヨーロッパの別の国のため、フランス人からもアルジェリア人からも差別される対象として生きてきた主人公独自の視点が、淡々と物語が進んでいくことで表されていると思... ...続きを読む

    か~さ か~ささん  2015年6月28日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「涙するまで、生きる」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi