われらが背きし者
ホーム > 作品情報 > 映画「われらが背きし者」
メニュー

われらが背きし者

劇場公開日

解説

「裏切りのサーカス」の原作などで知られ、元MI6(イギリス秘密情報部)という経歴を持つ作家ジョン・ル・カレの同名スパイ小説を、ユアン・マクレガー主演で映画化。イギリス人大学教授ペリーと妻のゲイルは、モロッコで休暇中にロシアンマフィアのディマと偶然知り合う。ディマから組織のマネーロンダリングの情報を聞いたペリー夫妻は、1つのUSBメモリをMI6に渡してほしいとディマに懇願され、突然の依頼に困惑するが、ディマと彼の家族の命が狙われていると知り、その依頼を仕方なく引き受けてしまう。それをきっかけに、ペリー夫妻は世界を股にかけた危険な亡命劇に巻き込まれていく。主人公ペリー役をマクレガー、ディマ役に「ドラゴン・タトゥーの女」のステラン・スカルスガルドがそれぞれ演じるほか、ダミアン・ルイス、ナオミ・ハリスが脇を固める。

作品データ

原題 Our Kind of Traitor
製作年 2016年
製作国 イギリス
配給 ファントム・フィルム
上映時間 109分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

特集

「007」「ボーン」「M:I」が好きなのに、ル・カレ作品を見てなくていいのか?全スパイ映画ファンよ、「裏切りのサーカス」に続く“本格派”を味わえ!
特集

「裏切りのサーカス」「誰よりも狙われた男」に続く、ジョン・ル・カレ原作映画「われらが背きし者」が、10月21日より全国公開。ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド、ダミアン・ルイス、ナオミ・ハリスら実力派共演で描かれる本格派作、...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

本格スパイ小説のル・カレ原作だが、巻き込まれ型スリラーで体感度高し
われらが背きし者の映画評論・批評

英国の秘密情報部MI5とMI6を渡り歩き、のちに専業作家となったジョン・ル・カレ。その稀有なキャリアで得た知識と経験を注いだ本格スパイ小説で知られ、映画化も今回で10作目となる。ただ、近年の「裏切りのサーカス」や「誰よりも狙われた男」...われらが背きし者の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全33件)
  • ル・カレの地味渋な世界観をドッド・マントルの映像美で。 ジョン・ル・カレ原作のスパイ映画はいずれもアクションよりもやるせない悲哀に主軸が置かれているが、それは大学教授と弁護士の妻が成り行きでにわかスパイになる本作でも変わらない。リアル志向と言ってしま... ...続きを読む

    バッハ。 バッハ。さん  2016年11月7日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • また好きになった ユアンが出演以外は全く情報を入れずに観賞。 前半は退屈だな〜と思いながら見ていました。 それなのにラストに近づくにつれて、引き込まれて行きました。 ただ、ペリーの奥様役が不自然な気がします。 全... ...続きを読む

    ふわり ふわりさん  2017年1月9日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • アクション不要のサスペンス ん?な感じでスタートして、人物背景など、んん?が増えていき、主人公が腹を括るのに合わせて、ざざぁ!っとラストまで。役者の好演は言わずもなが、画面の美しさに、儚く無情な世界を思わずにいられない素敵... ...続きを読む

    lynx09b lynx09bさん  2016年12月11日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi