クロエ 無垢な娼婦
ホーム > 作品情報 > 映画「クロエ 無垢な娼婦」
メニュー

クロエ 無垢な娼婦

解説

「エディット・ピアフ 愛の讃歌」のマリオン・コティヤールがキャリア初期の1996年に主演したテレビムービー。失恋や口うるさい母親との生活に嫌気が差して家を飛び出した16歳の少女クロエは、街で路頭に迷っていたところを年上の男性ジャン=ミシェルに救われる。クロエは見返りなしに寝床を提供してくれるジャン=ミシェルをすっかり信頼し、彼に惹かれていく。ところが、実はジャン=ミシェルは多額の借金を抱えており、その返済のためにクロエに売春を強要するようになる。共演に「気狂いピエロ」「女は女である」のアンナ・カリーナ。

作品データ

原題 Chloe
製作年 1996年
製作国 ベルギー・フランス合作
上映時間 105分

他のユーザーは「クロエ 無垢な娼婦」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi