貌斬り KAOKIRI 戯曲「スタニスラフスキー探偵団」よりのレビュー・感想・評価

貌斬り KAOKIRI 戯曲「スタニスラフスキー探偵団」より

劇場公開日 2016年12月3日
5件を表示 映画レビューを書く

映画と演劇の融合

実験的ではあるものの、どんどん引き込まれる。俳優たちの、演劇パートの唾も飛びそうな迫真の演技とその舞台裏の映画パート。
どんな風に、言葉で表してもちんぷになってしまう。
まずは、一度観て欲しい作品。

Kaopan
Kaopanさん / 2017年3月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

劇中劇が面白い

楽屋の話いらないんじゃないかな。そのお陰で佐藤みゆきが出てるから観に行ったってのはあるけど。

役者さんも舞台役者さんだから、舞台での演技はうまいのね。でも楽屋で自分の役を演じるのはうまくないの。

劇中劇の話の内容とか、盛り上げ方とか良かったな。舞台観に行けば良かった。

Scott
Scottさん / 2017年3月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

役者魂

簡単にいうと、長谷川一夫が顔を切られた事件は何故起きたのかという舞台の千秋楽を演じる人々をみる映画で、ところどころ楽屋の様子になるけれどほぼ舞台1本全部とその楽屋という、映画をみながらにして同時に舞台も1本みられてしまう何とも豪華なつくり。

映画は千秋楽当日の公演前から始まるが、ここで面倒なことが起き、役者や監督の性格と舞台のクライマックスが説明され、なんとこの映画のオチまでがみえてしまう。

舞台は始まりオチに向かってどう展開して行くか…劇中劇はなかなかコミカル且つシリアスで序盤は笑いも多数。
劇中劇に見入り、映画に見入り、笑ったりハラハラドキドキしたり、泣いた訳ではないけれど最後は何故か眼球にほんのり熱を感じた。

Bacchus
Bacchusさん / 2016年12月7日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 単純 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

愛すべき俗物 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

とは、上映後のトークショーで監督が仰った言葉だ。
作品の中には、そんな連中で溢れてた。

凄い惹きこまれた。
バカみたいだけど、今は動いちゃいけないと映画を見ながら思ったのは初めてだ。
既にフィルムに焼き付けられた過去の時間軸に飲み込まれ、役者の息に合わせて息をしてたような…それほどに魅入ってた。

それは、何故か…?

スクリーンの中に舞台が移植されてたからだ。
小劇場の圧縮された空間にこもった熱が長い長い1カットとして活かされてた。
しかもアップカットが多用されてる。
そのアップカットもライブの芝居中のものであったりもする。
それもそのはず、引き絵のカットには黒子に扮したカメラマンが舞台の上に存在しているのだ。
その存在を払拭しようと役者は足掻くのか、尋常じゃないテンションで舞台は進む。
結果、妙な相乗効果でも生んでしまったのか…息を吐く隙すらない程の密度が生まれてた。
舞台の映画化は数々あれど、ここまでの臨場感を映画館に持ち込んだ作品を初めて観た。

トークショーで監督は「豪腕監督」と称されていた。
何でも登れないような山をいとも容易く登っていくからだそうな。
これは、かなり的確だと思う。
誰もなし得なかった事、いや、出来るとも思わなかった事だろうか?もしくは誰もが諦めてた事…それを今回、やってのけた。
そして、この作品を牽引した草野康太という狂気にあてられる。
彼の中に巣食う魔物をもっと観てみたいと思う。

おそらくなら舞台は舞台で完結している。
観客はその先があるなどと毛ほども思わなかったに違いない。
だが、今回の作品には、舞台の裏で起こっている事件が描かれてた。
その先があるのだ。違う結末がある。
この監督はとてつもない知能犯なのだ!
あの舞台でさえ虚構とし、映画を「実」と構築するための材料へと切り捨てた。
何という、観客への裏切りだろうか!
もとい!
何という大胆な伏線なのだろうか!

見応えしかなかった作品だった。
…変な話し、逃げられないのだ。
CGにも吹き替えにも。
役者は100%自分を頼るしかない。
その緊迫感をヒシヒシと感じた時間だった。
映画館で観れて良かった。

U-3153
U-3153さん / 2016年12月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

緊迫感!でも、笑いも。

往年の二枚目俳優長谷川一夫に顔切り事件をモチーフにその謎解きに迫るという内容。劇中劇では洪水のような台詞に圧倒されたり、 緊迫感の中で笑わせられたり、飽きずに時間を忘れて楽しめます。

ruca
rucaさん / 2016年11月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 興奮 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi