「前作からテイストが変化」クライモリ デッド・ホテル MASERATIさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

クライモリ デッド・ホテル

全1件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

前作からテイストが変化

近親相姦で交わり続けた奇形人喰い狂人の一家が総出演する本作はサブタイトル通りホテルが舞台だが、主人公はそのホテルの相続が決まったと知らされ、バカな友人を連れてやってくる。結局はそこでハメを外すために来ただけで真面目な連中ではない。そのホテルは管理人がおり、自らの妹と共に管理をしているとのことだった。普通の人間だが、実はその二人は奇形と血族で、リーダー格の存在だったという新展開を向かえる。その二人の存在理由や主人公がなぜそこに呼ばれたのかが想像以上に驚愕だった。謎もかなり分かってきたため、本作からより話が動いたという印象だ。テーマはかなり良かったが作りが雑。実にもったいない。このようにチープな部分は相変わらずだ。また、女性の濡れ場が多いが、正直その展開は飽きた。それも急ピッチの製作の副作用かもしれないが、せっかく今回は話が動いた感じがあるため、初期の勢いの再興に力を入れて欲しいと思う。
少し残念だったのが、奇形狂人が普通の人間の指示に従っていること。シリーズ初期のよくそんなこと思いつくなというバカなのか賢いのか分からない彼らのルールの中だけで生きていて欲しかった。

MASERATI
さん / 2017年9月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi