セル
ホーム > 作品情報 > 映画「セル」
メニュー

セル

劇場公開日

解説

「シャイニング」「キャリー」などで知られるスティーブン・キングによる小説を、キング自身の脚本により映画化したアクションホラー。コミック作家のクレイは、ボストンの空港から別居中の妻と息子へ電話をかけるが、携帯のバッテリーがなくなり、通話の途中で電話が切れてしまう。その瞬間、空港内で電話をしていた人びとが次々と暴れだし、空港はパニック状態と化す。なんとか地下鉄へと逃げ込んだクレイは、車掌のトムらの協力のもと、暴徒化した人びとの攻撃から身を守りながら、妻と息子が住むニューハンプシャーを目指す。主人公のクレイ役を本作の製作総指揮も務めるジョン・キューザックが演じるほか、サミュエル・L・ジャクソン、イザベル・ファーマンらが脇を固める。監督は「パラノーマル・アクティビティ2」のトッド・ウィリアムズ。

作品データ

原題 Cell
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 プレシディオ
上映時間 98分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.6 2.6 (全22件)
  • 題名は「携帯電話」と「細胞」のダブルミーニング 原題「Cell」をカナにしただけ。思い切ったと評価すべきか、工夫がないと嘆くべきか。まあ、刊行済みの小説の邦題に倣うしかなかったのかもしれないが。 ともあれ、携帯からの怪音波で人間がゾンビ化する... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2017年2月17日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 携帯依存症に捧ぐ啓発?映画 携帯電話から発生した怪電波によって人々がゾンビと化してしまった世界で、マンガ家のクレイトン、地下鉄車掌のトム、クレイの隣人で母を殺めてしまったアリスら3人がクレイの妻と子どもを探して旅路を進める... ...続きを読む

    オレ オレさん  2017年3月5日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • スティーブン・キングっぽい(-.-) 最初に惹き付けて最後に落とす…みたいな(笑) わざわざ携帯でなくても音を発する方法はいくつもあると思う。 最近の映画は、とりあえず無難に人間をゾンビ化する(..) 脚本に息詰まればゾンビ~‼って... ...続きを読む

    くる くるさん  2017年3月4日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「セル」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi