ディアボリカル 特集: “SF”“タイムトリップ”“ホラー”って……どんな映画やねん!「他とは違う」が大好物なあなたには、今夏、超異彩を放つこの1本!!

ホーム > 作品情報 > 映画「ディアボリカル」 > 特集 > “SF”“タイムトリップ”“ホラー”って……どんな映画やねん!「他とは違う」が大好物なあなたには、今夏、超異彩を放つこの1本!!
メニュー

ディアボリカル

劇場公開日 2015年8月22日
2015年8月10日更新

“SF”“タイムトリップ”“ホラー”って……どんな映画やねん!
「他とは違う」が大好物なあなたには、今夏、超異彩を放つこの1本!!

怪奇現象がわき起こり、せん光とともに“謎の存在”が突然自宅に現れる。それは悪霊や怨念ではなく、時空を超えてやってくる何者かだった……。従来のホラー映画の常識をうち破るSF的要素がたっぷりの注目作「ディアボリカル」が、8月22日より全国公開。「普通と違う」刺激を求める映画ファンなら、この異色作を見逃せない!

気鋭コンテンツの祭典「サウス・バイ・サウスウェスト」発の注目ホラー! 気鋭コンテンツの祭典「サウス・バイ・サウスウェスト」発の注目ホラー!

■「おいおいおい! そこまでやられると、逆に見たくなるわ!!」
 「ホラー映画ファンの心をくすぐる」満載のツッコミどころに、もうたまらん!

シングルマザーの一家を襲う怪奇現象! シングルマザーの一家を襲う怪奇現象! [拡大画像]
幼く愛らしい子どもたちにも異変が! 幼く愛らしい子どもたちにも異変が! [拡大画像]

野心あふれる映像作家がアイデアとエネルギーを武器に、映画界に殴り込みを掛ける際に活用するのが「ホラー」ジャンル。思い起こせば、スティーブン・スピルバーグデビッド・リンチも、そしてデビッド・フィンチャーピーター・ジャクソンサム・ライミダーレン・アロノフスキージェームズ・キャメロンなどなど、大ヒット監督の出世作はみんなホラー(またはスリラー)作品だったではないか。

とにかく映画ファンのこれまでの常識をぶち破り、「こんな映画ってありなんだ!」と思わせてしまう作品群。驚きのアイデアと新たなる才能に出合ってワクワクしたいから、新作チェックは欠かせないというホラーやスリラー、SFファンも多いはずだ。

この夏、そんな映画ファンにおすすめしたいのが、“SFタイムトリップ・ホラー”とジャンルが銘打たれた「ディアボリカル」。「なんだそのジャンルは!?」と反応したあなた、嗅覚はバッチリだ。思わずツッコミを入れずにはいられない、独自性たっぷりの、ホラー映画ファンの心をくすぐる注目作なのだ。



画像4
時空を超えてやってくるのは何者か!? 時空を超えてやってくるのは何者か!? [拡大画像]

家の中で不気味な物音がしたり、人影がよぎったりする──自宅内での怪奇現象を描く“家モノ”には、「悪魔の棲む家」「ポルターガイスト」「死霊館」といった傑作がそろうが、描かれる真相は大抵が悪霊や悪魔の仕業。心霊ハンターが登場して家を清めることで、主人公一家は平穏を取り戻すという物語仕立てだが、本作の現象の原因はオカルトの類ではなく、なんと「時空を超えてやってくるもの」。「それはいったいどういう事なんだ!?」と混乱せずにはいられない前代未聞の状況なのだ。


画像6
乾燥機からヌルッと飛び出してくる! 乾燥機からヌルッと飛び出してくる! [拡大画像]

蛇口から落ちる水滴が止まったり、机の上に置いてあるものがゆっくりと浮き上がるのを予兆に、まばゆい光とともに時空を超えて現れるのが“アレ”と呼ばれる謎の怪人。そのビジュアルは衝撃的で、平穏に暮らすシングルマザーと幼い兄妹たちに、全身の皮がズルむけになったヌメッとした姿で襲いかかってくるのだ。あらゆる科学的常識を無視し、壁をすり抜けたり、床や天井から腕を突き出して追いかけてくるさまは、恐怖を通り越してもはやギャグの域。思わず「イイね!」ボタンを押したくなるほど。


画像8
注目の映画祭で話題を集めた1本 注目の映画祭で話題を集めた1本 [拡大画像]

クエンティン・タランティーノら映画監督、「ソウ」といったインディペンデント作品を見出してきたサンダンス映画祭が、近年そのスピリットを失いつつある中で、先鋭さを受け継ぐ映画祭としてがぜん注目を集めているのが、米オースティンで開催される映画・音楽・デジタルの複合コンベンション「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)」だ。「ワイルド・スピード SKY MISSION」「キャビン」「インシディアス」といった作品群が同地でワールド・プレミアを開催。本作は、そのSXSWで反響を呼んだ作品なのだ。


画像10
母親を演じるのは、アリ・ラーター 母親を演じるのは、アリ・ラーター [拡大画像]

ホラーに挑むのは無名のスタッフ&キャストが多いのは前述の通りだが、本作のアリステア・ルグランはただの新人監督ではない。「華麗なる賭け」のアカデミー賞作曲家ミシェル・ルグランをおじに持つ血筋。「バイオハザード」シリーズのクレア役で知られるアリ・ラーターを主演に恐怖と美が両立する世界を作り出しているのだ。「謎の存在が時空を超えてくる」SF設定は、後半、思いもかけない「ターミネーター」的なタイムパラドックス展開を呼ぶ。ホラーにとどまらない“ジャンル破壊”にも挑んでいるのだ。




■衝撃怪奇スクープ映像4連発!
 これは「幽霊」の仕業ではございません──未来から来た“アレ”の仕業です!

まばゆい光とともに現れる! まばゆい光とともに現れる! [拡大画像]
全身の皮がズルむけになってる! 全身の皮がズルむけになってる! [拡大画像]
お嬢ちゃん、後ろ! 後ろ! お嬢ちゃん、後ろ! 後ろ! [拡大画像]

百聞は一見にしかず──「時空を超えてやってくる未知なる恐怖」は、実際にその目で確かめるしかない。郊外の住宅地で幼い息子と娘を育てているシングルマザー、マディソン(アリ・ラーター)を恐怖に陥れる数々の怪奇現象を捉えたのが、この4本の映像だ。やがて明らかになる、謎の実験を繰り返したきた怪しげな研究機関の存在。そして幾度となく訪問する不動産セールスマンの目的は何か。それらと怪奇現象との関連性はいったい……。





■そこのあなた──そう、“あなたのこと”を言っている!
 ひとつでも当てはまったら、あなたは選ばれし“ヘンタイ”ホラーファンだ!

選ばれし映画好きは見入ってしまうはず 選ばれし映画好きは見入ってしまうはず [拡大画像]

大きな予算を掛けた超大作でも、有名スターが出演する豪華作品でも、アカデミー賞を獲った良作でもない。だが、アイデアと勢いなら負けていない先鋭的なインディペンデント・ホラー作品。本作を楽しめるのは“選ばれし者”だけと言っても過言ではないだろう。果たして、あなたにはその資格があるか。以下をチェックしてひとつでも当てはまる項目があったなら、あなたもその選ばれし映画ファンに仲間入りだ。


画像17

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す