エイプリルフールズ インタビュー: 戸田恵梨香&松坂桃李「エイプリルフールズ」で更に高まった日本映画界への熱情

ホーム > 作品情報 > 映画「エイプリルフールズ」 > インタビュー > 戸田恵梨香&松坂桃李「エイプリルフールズ」で更に高まった日本映画界への熱情
メニュー

エイプリルフールズ

劇場公開日 2015年4月1日
2015年3月28日更新
画像1

戸田恵梨香&松坂桃李「エイプリルフールズ」で更に高まった日本映画界への熱情

人気コメディドラマ「リーガルハイ」を大成功に導いた古沢良太(脚本)と石川淳一(演出)が、「映画館でしか見られないエンタテインメントを!」をモットーに製作した痛快作「エイプリルフールズ」が完成した。古沢にとって「キサラギ」以来となるオリジナル脚本となった今作には、個性あふれる俳優27人が結集。なかでも主演として現場をけん引した戸田恵梨香、相手役を務めた松坂桃李が今作の魅力、そして日本映画界へのほとばしる熱情を語り尽くした。(取材・文/編集部、写真/堀弥生)

1年に1度だけ嘘をついていい日、4月1日の東京が舞台となる今作で、戸田は対人恐怖症の病院清掃員・新田あゆみ、松坂はSEX依存症の天才外科医・牧野亘に扮している。物語は、亘との一夜限りの関係で妊娠したことをあゆみが電話で告げるくだりから急展開で動き出す。エイプリルフールの悪い冗談だと聞く耳を持たない亘は、イタリアンレストランで国際線のキャビンアテンダント・麗子(菜々緒)との初デートを満喫中だが、そこへあゆみが乗り込んできて思わぬ大事件へと発展する。

登場人物たちが何気なくついた嘘が嘘を呼び、各所で騒動が巻き起こるという古沢作品の真骨頂ともいえる内容だが、オファーを受け初めて脚本を目にしたとき、2人はどのような印象を抱いたのだろうか。

戸田「本当にだまされた気分でしたね。まさか、こういう作品だとは夢にも思っていなかったので、最後にほろっとさせられますし、全てのエピソードがまとまっているんだなと気づいて、ビックリしましたね」
 松坂「7つの嘘のエピソードがどれも笑えるのですが、脚本の段階から笑えるって結構ハードルが高いなと思いましたね。全てのエピソードがつながって、つながって、最後にひとつにまとまっていくのが見事でした。古沢さんの頭の中はどうなっているんだろう? すごいなと改めて感じました」

松坂が口にした通り、今作は「イタリアンレストランでの大惨事」「ロイヤル夫妻の休日」「不器用な誘拐犯」「占い老婆の真実」「42年ぶり涙の生還」「僕は宇宙人」「ある大学生の行末」という7つのエピソードで構成されている。本編は、周到に練られた脚本が陥りがちな“あざとさ”とは無縁の出来栄えだ。それは一筋縄ではいかない登場人物ひとりひとりの背景を各キャストが深く理解し、脚本に忠実に世界観を体現したからに他ならない。

役作りをするうえでも、2人は楽しみながら取り組んだようで「脚本の段階からあゆみのセリフがどもっているんですよ。『す、す、す、すみません』みたいな。何度もしゃべってみながら、しっくりくるところを模索していきましたね」(戸田)、「僕は今回、前貼りをするのが初めてだったんですよ。いかに見えないようにするか(笑)。やっぱり角度によってすぐに見えちゃうので、これは手強いなあと思いました」(松坂)と笑みを絶やさず、屈託がない。それは、映画監督デビューを果たした石川が作り出した現場の空気ともリンクするところがあったようだ。松坂が「とりあえず子どもたちを遊ばせてみるみたいな感じでした。その中から面白いところをピックアップしていく。もちろん大筋の流れはあるのですが、クスッとできるエッセンスであったり、キャラクターの個性が出ているエッセンスを監督が料理してくれました」と説明すると、戸田も「現場を楽しんでいるイメージでしたよね」と同調する。

戸田と松坂は、ともに1988年生まれの同級生。これまでに映画、ドラマなどで共演経験はあったものの、今回ほど多くの絡みがあった作品はなく、必然的に向き合う機会は増え、刺激を受けることも多くあったようだ。今作での共演を経て得た新たな気づきについて聞いてみた。口火を切ったのは、松坂だ。

松坂「なんといっても、ふり幅の広さですね。度胸もあるし、センスもある。対人恐怖症の役で、あそこまで惜しげもなくやれる人って、なかなかいませんよ。同年代ではいないんじゃないかと思います。気持ちが良いくらいの振り切り具合が愛おしく、かわいらしいあゆみを作り上げていって、素敵だなと感じました」
 戸田「ありがとうございます! 松坂さんは聞き役のイメージというか、あんまりしゃべる印象がなかったんですよ。それが、芝居になると真逆になるんですよね。まっすぐぶつかってきてくれるので、それに感化されたことも多くありました。パワーのある人だなあって思っています」

そんな2人は今年、例年以上に映画出演が相次いでいる。戸田は今作のあと、「駆込み女と駆出し男」(原田眞人監督)、「予告犯」(中村義洋監督)と続き、松坂は「マエストロ!」(小林聖太郎監督)と今作を経て、「日本のいちばん長い日」(原田監督)、「ピース オブ ケイク」(田口トモロヲ監督)の公開が控えている。

戸田は「駆込み女と駆出し男」で鉄練りの達人・じょごに息吹を注ぎ込み、原田監督に「感情の宝物殿といった絶品の眼技で見るものの心を奪う」と言わしめた。そして「予告犯」では、新聞紙製のマスクで顔を隠しネット上の動画サイトで犯罪予告を繰り返すグループ“シンブンシ”を追う、警視庁サイバー犯罪対策課のエリート警部・吉野に扮している。女優として抱く矜持を聞いてみると、「すごく難しいですが、“自分はこうなりたい!”というものがなくても、“こうあるべき”という信念を持ってやり続けるべきだと思うんです」と筆者をまっすぐに見据えながら、明快な答えが返ってきた。

一方の松坂は、「日本のいちばん長い日」で終戦に反対し、日本の未来を思いながら狂気に駆られていく若手将校という難役に挑戦。さらに、「ピース オブ ケイク」では、主人公・志乃(多部未華子)の学生時代からの親友で、バイト仲間の“おかまの天ちゃん”を演じた。戸田の返答に同調しながら、自ら言葉を引き継ぐ。

「強く意識しているのは、好奇心と探究心ですかね。色んな事に興味を持ち、それを掘り下げるだけの熱量が大事ですよね。掘り下げていけばいくほど違う景色が見えてくるというか、新しい発見や新しいアプローチを見出すことができるでしょうし」。

真摯な面持ちで語る松坂に、戸田は「やっぱりオカマ役も掘り下げたんですか?」とツッコミを入れることを忘れない。照れ笑いを浮かべた松坂だったが、「掘り下げましたよ! 監督から“きれいなオカマ”と言われたので、どうやったらきれいに見せられるかエステに通ったし、着圧ソックスもはいてみました。撮影で使うハイヒールを借りて、家ではいてみたこともありましたし(笑)、本当に思い付く限りのことをやってみました。そういう探究心って大事ですよね」と見事な切り替えしをみせた。

互いに敬意を払いながらも、和気あいあいとした雰囲気で対話を重ねる2人だが、話題が日本映画界に関するものに移行すると、目の輝きが激変した。松坂は「僕は映画の現場を、日々限界突破の挑戦の場ととらえているんです。舞台やドラマも作品づくりには変わりはないのですが、作品づくりの色が強く出るのは映画かなと感じています。自分の身を削りながら『まだ出るだろう、もっと出るだろう』というのを試せる場所。そういう風に現段階ではとらえています」と話す。

戸田にいたっては「私はここ最近、運よく傑作といわれている作品を見させてもらっているのですが、そのほとんどが洋画なんですよ。それがすごく悔しいんです。日本映画だってまだまだいけるはずだ! と思うんです」と明かし、熱い思いは松坂に負けていない。さらに、「原作や漫画の映画化が多いですが、古沢さんのチームみたいにオリジナルで勝負する思いとか熱量が大好きだし、これからも大切にしていきたいと思っているんです。映画業界って、どんな事だってできるじゃないですか。CGの技術だって素晴らしいし、そっと寄り添ってくれるような作品だってある。未知なる世界なんだという可能性を持っているので、積極的にその世界に入り込んでいきたいなと思っています。それくらい大好きな世界なんです」と文字通り熱く訴えた。

88~89年生まれには俳優として高いポテンシャルをもつ逸材が多い。新垣結衣榮倉奈々堀北真希佐々木希吉高由里子大島優子黒木メイサ東出昌大瀬戸康史濱田岳三浦翔平佐藤健ら枚挙にいとまがない。戸田、松坂が同世代と切磋琢磨し、飽くなき探究心で高みを目指した先に、日本映画のさらなる明るい未来が待ち構えているはずだ。

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全194件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

インタビューの一覧を見る
Jobnavi