何を怖れる フェミニズムを生きた女たち
ホーム > 作品情報 > 映画「何を怖れる フェミニズムを生きた女たち」
メニュー

何を怖れる フェミニズムを生きた女たち

劇場公開日

解説

1970年代のウーマンリブ運動(女性解放運動)から40数年にわたる日本のフェミニズムの歴史と、現在も続いているさまざまな女性たちの活動を追ったドキュメンタリー。男社会から疎まれ、同性からの偏見や誤解の目にさらされても自らを進んで「フェミニスト」と称し、戦い続けてきた女性たちの力強い生きざまや活動の軌跡を記録。日本を代表する14人のフェミニストたちが、それぞれの人生を語る。監督は、イサム・ノグチの母レオニー・ギルモアの生涯を描いた「レオニー」などを手がけてきた松井久子。

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
配給 エッセン・コミュニケーションズ
上映時間 111分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全1件)
  • 説教くさくない。 ドキュメンタリー映画、しかもこの手のものは制作者の主張が強すぎて、大衆からは嫌煙されがちだが、劇映画の監督が撮っているだけあって、キレイにまとまっており、内容に苦痛を感じなかった。 女性に対して... ...続きを読む

    CinemaExpress CinemaExpressさん  2014年12月11日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「何を怖れる フェミニズムを生きた女たち」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi