「生きることと尊厳について」サヨナラの代わりに nonさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

サヨナラの代わりに

劇場公開日 2015年11月7日
全40件中、7件目を表示
  •  
映画レビューを書く

生きることと尊厳について

生きるということはただ生命を維持するだけではないということ。その人らしく生きれなければ生きているとは言えないということ。そして、どんな状況であっても人の尊厳は守られるべきものだということ、などなどたくさん考えさせられた。作品の中で2人の母親が出てくるのだけど、これはダメですって見本みたいな人たちで、その娘たちが通じ合ったのってそのせいなのかもってちょっと思った。それとは対照的なよきキャラの登場人物もいて、短いけれどいい作品です。泣けました。

non
さん / 2016年12月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi