罪の余白のレビュー・感想・評価

メニュー

罪の余白

劇場公開日 2015年10月3日
38件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

スッキリしそうでしない胸糞悪い感じ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

こーゆー頭の回転の早い女の子は実際にいるだろうなと思う作品でした。
お父さんが実に人間らしい人でしたね。
この追い詰めた女の子はなんか心にすごくさみしい何かを抱えているように思えました。
最後まで自分の口からは、追い詰めたことも何も言わずに捕まったところがとても胸糞悪いです。
捕まったけど何故かスッキリしないこの感じ。
追い詰めた役の女優さんは初めて見たのですが演技がお上手でした。
引き込まれて見れました。

面白かったかといったら、引き込まれはしましたが、小説っぽいなーって感想でした。

ゆっこ
ゆっこさん / 2017年9月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちと長い

内野聖陽くんの執念の演技は良いね。
吉本実憂のどこが美少女かボクにはわからず
ただただ憎らしかった!
チョイ役の武田玲奈ちゃんがクラス一の美処女だろ!って

花形右京
花形右京さん / 2017年8月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

芦沢央の小説を原作とした作品。 娘を失った心理学者の父と罪を隠蔽す...

芦沢央の小説を原作とした作品。
娘を失った心理学者の父と罪を隠蔽する女子高生との心理サスペンスです。
こんな復讐劇は邦画でも「さまよう刃」や「告白」がありましたね。
原作はまだ未読なんだけど、読んでみたいですね!

kiyoharu
kiyoharuさん / 2017年8月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悪魔のような女!! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

初めのクラスで誰も3人のやり取りを聞いてなかったのかよ!!という突っ込みはありますが、都会的な映像とキャストさんの演技でグイグイ引き込まれました。中盤、吉本実憂に顔面パンチがクリーンヒットした際は爽快でした。吉本実憂の台詞とその言い方は最後まで極まっていたと思います。谷村美月タイプはモテると思うので気にしなくて良いと思います。主人公が心理学者である必要性は(同僚の気づきを理解するシーン以外)あまり感じませんでしたが、芸能事務所まで尾行しましたし自己顕示欲の塊にはマスコミに言うの一言が超ダメージだと割り出したのでしょう。実際には女に選択肢はなくダブルバインドが分かり辛かったです。内野聖陽が講義をするさまは、西島秀俊(「クリーピー」)や浅野忠信(「岸辺の旅」)より板に付いていました。

アンジェロ
アンジェロさん / 2017年4月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

息をのむ心理戦…と思いきや

予告編を観て、主人公の心理学者・安藤と、その愛娘を死に追いやったクラスの冷徹な女王・木場咲によるじっくりとした心理戦を期待していました。しかし、映画の尺の長さに対して登場人物の心理的描写がかなり雑な上、安藤の心理学者らしい面が垣間見ることすらできず、全体的に期待はずれ。

また、主演の内野聖陽さんをうまく生かしきれてなかったかなぁという印象。
葵わかなさんも前半だけの登場でせっかくの素材とキャラクターがもったいないように感じました。
それでも谷村美月さん演じる小沢早苗の暗い作品に一点の光を与えるようなキャラクターは際立ってて素晴らしい。

それに木場咲をただの悪役で片付けるのではなく、もっと彼女の信念や葛藤を掘り下げられなかったのかなぁと惜しい気持ち。

結末が気になって見入ってしまいましたが、あれだけ引っ張っておきながらあっけなさすぎました…。伏線回収もないわけではないのですが、もっと息をのむ攻防と、衝撃的な結末を観せてほしかったです。

最後に一言でまとめるなら、題材や役者さんの良さに映画自体が追いついてないという感じです。
吉本実憂さんがお好きな方ならきっと、楽しめると思います。

かきふらい
かきふらいさん / 2017年2月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

終わらない

観ていて切ないと言うかどうしようもない気持ちと言うか‥

胸がくるしくなりました

いじめと言うのはこれからも終わらないのか‥

この映画を観ていて思ったのがいじめられる方もいじめる方もなんだかの心の闇があるのかもと感じた

親だからといって何でも話せるわけでもなく

亡くなった時に気付くとこ

私はまだ自分の子供をもっていませんが
もし自分の子供がいじめにあい追い詰められ死に至った時
本当に苦しくてやりきれないだろうとおもった

現実たくさんいじめの報道はある

学校側はいじめをみとめたくない
警察は何もしてくれない

なんなんだろと思う

本当にラストは息をのみました

mami
mamiさん / 2016年11月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いろいろと雑な面は惜しかったですが、吉本実憂の悪魔キャラは良かった

もう少し拘って作ればかなり面白い作品になった気もするのですが・・・リアリティの無さといろいろと雑だった面が、どうしても気になってしまった作品でしたね。
基本的なストーリーは悪くなかったと思いましたけど。
こう言ったスクールカーストは現実にもあることだし、直接的じゃないイジメ描写も意外とこんな感じで追い詰められていくのかなと思わされる部分もあったりで、傑作の香り漂う序盤はグイッと引き込まれたのですが、内野聖陽が演じた自殺した少女の父親の行動、立ち振舞いを見ているうちに少しづつトーンダウン・・・。
行動心理学者なのに行動に説得力が無く、リアリティの無さも相まって見ていて何かイライラしました、定番の酒に溺れる描写も何だかねぇ。

それでも最後まで見入ってしまったのは、吉本実憂が演じたダークヒロイン木場咲の邪悪さ、したたかさに、まあとにかくこいつを何とかしてほしいと感情移入させられた分、何だかんだで見れたのかなと思いました。
欲を言えば、咲は加奈、真帆、笹川以外の人物とはほとんど絡みが無かったですから、咲がどうクラス全体を牛耳っているのか、もう一つ伝わってこなかったのはちょっと惜しかったなと(あと咲のバックボーンも何かあれば)
間接的に支配していくあの感じはゾクゾクッとさせられただけに、尚更惜しい。
でも圧巻だったのは谷村美月を追い詰めたシーンか、可愛い顔して言うことはとにかく凄い、しかも的を得ていただけに、見ているこっちも追い詰めれた気分に陥ってしまいました。

しかしあの結末はどうなのかな、やっぱりこの結末で作品の価値が下がった気がしました。
と言うか加奈の父親は、もう少し何か心理学者らしい綿密な作戦はなかったのかな、怒っているばっかりではねぇ、それと咲も意外と抜けてる行動を見せるのが何か惜しいと言うか・・・。
あと笹川のキャラも前半は良かったけど、後半は見せ場なく、ちょっと使い方が勿体無かったなと、葵わかなが良い雰囲気を醸し出していただけにねぇ。

ただ個人的には、加奈の父親の後輩を演じた谷村美月のモッサリ萌えキャラに妙に癒された部分もあって、作品そのものはやや微妙に感じたものの、違う部分では意外と楽しめた映画でしたよ。
健気過ぎて泣けてくる(せっかくご飯作ったのになぁ)、全くモテナイ処女キャラ的設定でしたけど、私は好きだなぁ、谷村美月史上一、二を争うダサさではありましたけど・・・(どんな役にも嵌れる上手さが凄い)
そんな訳で、内容よりも、私は吉本実憂の悪魔っぷりと谷村美月の萌えキャラで楽しめた映画でした。

スペランカー
スペランカーさん / 2016年11月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

あの女、腹立つ~(笑) ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

頭が良い?いや、狡賢いだけやって!

といっても軽く論破されそうな女子高生。

彼女の闇の部分も見え隠れし、少し感情移入しそうに

なった所でバッドエンド!

ラストシーンでこちらを睨む彼女の胸中やいかに?

リオウリオウ
リオウリオウさん / 2016年8月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作を読んだ方が面白い。吉本美憂を売り出すための映画?

肝心の心理戦を描かないとは。
小沢早苗の特殊なキャラをただの人に変更してしまったのは何故?
車のフロントガラスは割れても裂傷が起きないように粉々になる構造なのにあの傷跡はなんだ

eli
eliさん / 2016年7月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

全てが足りない感じ

内野さん演じる安藤の苦悩も、咲の存在についても描き方が足りなく感じた。そして、クラスメイトや学校や警察があまりにも関与してこないこともとても不自然だったように思う。ラストも残念。原作通りなのかな?だとしたらとても残念。結局のところ咲の内面が読み切れずに終わってしまった。内野さんは個人的に好きだし、演技も素晴らしいと思うし、谷村美月さんも好き。なので、ちょっと残念。

non
nonさん / 2016年7月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

目の演技が素晴らしい

どの役者も、目の演技が素晴らしい。
顔全体はもちろんだが、とにかく目の表情が良いので、アップが活きる。

次々と展開してゆくストーリーの中、咲の壊れっぷりに恐ろしさを感じた。
咲がどうしてあんな人間になってしまったのか、もう少し説明が欲しかったような気もするが。

転落死した子の父も、心理学の教授である必要は感じなかった。

Arco
Arcoさん / 2016年7月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白そうだったんだけどな

不気味さは良いが、勝負になってないって感じです。
もう少しで良いから残酷さやかしこさが欲しかった
告白なんかと比べると月となんとか・・・
美少女役の子の雰囲気でもっている感じですね。

シネパラ
シネパラさん / 2016年5月24日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作が文学賞?残念なサスペンスでした。

子供が、
自殺に追い込まれたりや殺されたりして、
親が復讐する映画は、
これまでもたくさんありました。
古くはチャールズブロンソンの
名作「狼よさらば 」(1974)や、
ウィリアム・ディヴェインの
「ローリングサンダー」(1977)
など数多く作られてます。
最近の邦画でも「さまよう刃」や
「告白」がありましたね。
TVドラマ野島伸司作の
「人間失格・たとえば僕が死んだら」(1994)は、
息子を殺された親の狂気が
本当に怖かった。
そんな使い古された題材だけど、
文学賞を受賞した原作に
「衝撃の真実」
「究極の心理サスペンス」
というキャッチコピーに、
期待大で観に行きました。

教室のベランダから転落死した娘。
父が娘の日記を見つけることで
お話は転がりだすのだけど。

なんかストーリーに波がないんです。
罪の意識がない女子高生との一騎打ちも、
父はといえば
心理学の教授とは思えないダメっぷりで。
もっと凄い心理バトルが展開するのだと
思ってたんだけどね。

最後のオチも、
やっぱりそうするのねというカンジ。
なんか既視感があるんですよね。
ホントに原作は賞を獲ったのかしら。
それとも脚本や演出がダメなのかなぁ。

これは凄いどんでん返しがあるのかも!
と伏線を一生懸命拾っていた2時間は、
何だったのでしょう。
ダブルバインド(二重拘束)という
講義にも注目したけど、
うすーく関与してただけでした。
「罪の余白」というタイトルに、
負けているのでは。

ちなみに
舞台の女子校もよくないんです。
波打ち際に立ってる不自然な学校で、
(たぶんホテル?)
リアリティがないから、怖さが伝わらない。
校門で待っている父の背中で、
ザップーンだからね(笑)

役者さんは良かったですよ。
何とか飽きずに観れましたから。
父役の内野聖陽さんは
さすがな幅を見せてくれるし、
怖い女子高生は、
なんと2本目の吉本実憂さん。
心の揺れ動くさまを繊細に演じていて、
可能性を感じました。
頑張って欲しいですね。

ストーリーは怖くなくて
普通だけど、
役者さんの演技を楽しむには
いいのかなぁ。
正直劇場で観る理由が、
他に見当たらないですけどね。

Cディレクターシネオの最新映画レビュー
Cディレクターシネオの最新映画レビューさん / 2016年5月23日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

父親の気持ちで(怒)わかる。悪魔に育つ理由知りたい。本当にあんな子が沢山いてそして、その子が親になりまたそんな子出来るのか思うと。どんな形でも殺人に変わりない。辛さと怒りが収まらない

愛純
愛純さん / 2016年5月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

弱い人間の連鎖と思いつつ…。

弱い人間の連鎖を見せられてる感じが、だんだん人間とは弱い部分が皆当然あるもんだと考えさせられる映画。
実際、自分の周りに愛情を持った目で見てくれる存在が一人も居なくなり、尚且つ娘が殺されてしまったとしたら、どこまで自分が綺麗でいる必要があるのかわからなくなってしまうだろうな。
それでも気にかけてくれる存在がいる事で無意識下で綺麗さを保てた気がした。
最後それで満足だったのか疑問な映画だったが、ただの善と悪がはっきりしてると見せかけて実は違う、罪の余白を考えさせる答えの出せない宿題映画だった。

-NAGOMI-
-NAGOMI-さん / 2016年5月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

普通

可もなく不可もなく普通によかったです。

ボブちゃんと映画好き
ボブちゃんと映画好きさん / 2016年4月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

少女Aには死を

他人に危害を加えながら、
罪の意識も持たずにのうのうと生きてる、
いや昔は悪かったけど的なノリで売りにすらする、
そんな少女A、少年Aは抹殺されるべきと思っている。
この映画もそれを期待していたのだが、
酒を飲んでグダグダの父親には大いに苛ついた。
失うものはないのだから、
大人を舐めた小娘ごときひねり潰してしまえ!と思った。
それもできずに少女Aをのさばらせるのか?と失望しかけたが、
最後は何とか軽く一矢報いたのだろうか。
溜飲を下げるまでには到らなかったが、
何もできずに終わるよりは良かった。
やっぱり、ちょっともやもや感は残った。

みみず
みみずさん / 2016年4月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イライラしました ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

描かれるべき部分が描かれてないように感じました。
終わってからもモヤモヤは残ります。

娘の友達で、美しく聡明である設定の女の子も、本当に表面だけの美しさで、品格を備えた美しさを演じきれていないように感じました。
高校生の年代になると見抜く人は見抜きますので、あの程度の女子高校生が実際に目の前にいても「近寄りがたい」というような印象を持たないと思いましたが。

ストーリーについては、つまらないテレビドラマのようでした。
我慢して我慢して自暴自棄になって、捨て身の罠にかけて、相手を陥れるというような、幼稚な復讐。

主人公の父親も、最初の最初から「いやいや、もっとうまくやれるでしょ・・・」という感想です。
お父さん、裏も取らず証拠集めもせず、探偵も使わずいきなり学校に乗り込んで何しているの?
大学で心理学を教えている人間が、深夜のコンビニ前で、女子高校生から挑発されてそのまま殴り倒すって。
リアリティに欠けますって。。。

考えさせられるようなこと、感動、リアリティ、全て無し。

個人的には、時間の無駄に感じます。

レクター
レクターさん / 2016年3月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

娘を亡くしたことで、落ちぶれていく父親と、同級生を追いこんだことに 特に何も感じない少女。

予告では、なぜ娘が死んだのかを謎解くのかという内容だったのでですが、
結局なぜだったのかわからないのがモヤモヤです。
自分の娘が死んだ理由を探す父親と、自分が追い込んでおきながら罪の意識にを感じない少女の
2人のバトル?が良かったです。
原作観ようかと思いました。
木場咲を演じた、吉本実憂さん、すごい女優だと思いました。

やっすー
やっすーさん / 2016年3月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作もおすすめしたい

原作では小沢早苗がもっと(ある意味)個性的でそこがとても魅力なのですが、それを映像で表現するのはとても難しいと思います。
映画では、早苗を「単純に不器用で地味な女性」にしてしまったぶん、木場咲のキャラクターをより個性的に「盛る」必要があったのかなぁ、と。
結果、原作では、「小賢しい小娘」ぐらいだった咲が、「自分より下と見做した相手には徹底的に高圧的に出る非常に腹の立つ小娘」になっていましたね。でも、悪魔とまで言えるかな。
それにしても、咲役の吉本実憂さんは美しかったです。

ちな姉
ちな姉さん / 2015年10月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

38件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi