この国の空 : 映画評論・批評

メニュー

この国の空

劇場公開日 2015年8月8日
2015年8月4日更新 2015年8月8日よりテアトル新宿ほかにてロードショー

「浮雲」の影響を色濃く感じさせる、荒井監督の新境地

ベテラン脚本家・荒井晴彦が「身も心も」以来18年ぶりにメガホンをとった新作は、敗戦間際の東京・杉並を舞台に、母(工藤夕貴)と伯母(富田靖子)とともに慎ましく暮らす少女里子(二階堂ふみ)がヒロインである。度重なる空襲におびえつつも、結核で父を亡くした里子は、隣家に住む中年の銀行員・市毛(長谷川博己)に惹かれていく。戦時という死が日常化した極限状況下での淡い想いは、やがて身を焦がす性愛の渇望へと変化していく。

二階堂ふみの拗ねつつ甘えるような独特のイントネーションには既視感があった。ふいに思い浮かべたのは「浮雲」の高峰秀子である。実際、本作は戦時下の仏印で燃え上がった男女の、戦後の出口のない腐れ縁を描いた名作「浮雲」の前日談といった趣がある。隣接する家屋の堅牢なセットの佇まい、狭い日本間でのつましい食事風景には明らかに成瀬巳喜男作品の影響が色濃く感じられるのだ。

画像1

しかし、掃除がてら市毛の部屋に侵入した二階堂ふみが、頭の皮脂で黒ずんだ枕に顔をうずめたり、ほてる身体をもてあますように、「そろそろ そろそろ」と意味不明の言葉をつぶやきながら、肢体をごろごろと反転させ身悶えるさまは、初期の相米慎二作品における少女たちの危うい官能性を想起させずにはおかない。

米と食糧を手に入れるために農家に着物を売りに行った母子が河原で食事するシーンがひと際印象に残る。灯火管制による暗い闇夜のシーンが多いこの映画の中で、陽光がきらめく牧歌的な光景が現われ、ふたりが唐突に「空の父 空の兄」を唱和するシーンでは、理不尽な戦争への無念さと怒りが一挙に噴出し、異様な感銘をもたらすのだ。

本作によって、私小説的感慨にふけるナルシシズムから解放され、荒井晴彦は真の意味での映画作家になったといえるのではないだろうか。

高崎俊夫

関連コンテンツ

特集

たとえ戦争中でも、女は女、男は男だった──作家、評論家、映画.comが、大人の映画ファンに推す「これまでになかった戦争ドラマ」
特集

戦後70周年を迎える2015年夏、戦争中の普通の人々の暮らしを描く“これまでになかった戦争ドラマ”が公開される。「さよなら歌舞伎町」「ヴァイブレータ」の名脚本家・荒井晴彦が18年ぶりに自らメガホンをとった、二階堂ふみ、長谷川博己主演作...特集

インタビュー

「男と女がいて、そこにあるのは本能でしかない」二階堂ふみが明かす、愛に突き進むヒロインの激しさ
インタビュー

役と向き合い、作品の中でその人生を生きるたびに、二階堂ふみは美しさを増していく。「ヴァイブレータ」「共喰い」の名脚本家・荒井晴彦18年ぶりの監督作「この国の空」(8月8日公開)もまた、確実に20歳の彼女の内にある激しさを刺激し、あふれ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

この国の空[DVD] この国の空[Blu-ray/ブルーレイ] SCOOP! 豪華版Blu-ray/DVDコンボ[Blu-ray/ブルーレイ] そして、誰もいなくなった DVD-BOX[DVD]
この国の空[DVD] この国の空[Blu-ray/ブルーレイ] SCOOP! 豪華版Blu-ray/DVDコンボ[Blu-ray/ブルーレイ] そして、誰もいなくなった DVD-BOX[DVD]
発売日:2016年1月20日 最安価格: ¥3,201 発売日:2016年1月20日 最安価格: ¥3,791 発売日:2017年3月29日 最安価格: ¥6,233 発売日:2017年1月25日 最安価格: ¥13,746
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全43件)
  • ただ ひたすらに二階堂ふみさんのブサさが際立つ一作でした。終戦時と言う時代背景はあってもなくてもシナリオ的には成り立ちそうな印象を受けたのだけど、一方で 戦時中もしかしたらヒロインのように戦争そっち抜... ...続きを読む

    Snufkin74 Snufkin74さん  2017年1月31日 07:52  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 期待していたよりも テーマが小さく感じて、そしてあまり共感できなかったので、物足りなさを感じました。一方で細かな絵作りをしていたであろうので、細部のこだわりについてはもう一度目を皿にして見たい気もします。 ...続きを読む

    空猫 空猫さん  2016年12月6日 19:05  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 昭和20年4月から8月の日本 毎日のように繰り返される空襲に耐えながら主人公(二階堂ふみ)は母と二人、必死で生きていた。 隣人は妻と子供を疎開させた男(長谷川博己)で、何かと助け合っていた。 若い男はみんな戦地に行ってしまい... ...続きを読む

    いやよセブン いやよセブンさん  2016年8月18日 15:39  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ラ・ラ・ランド ラ・ラ・ランド アーティストの悲哀と恋愛の悲哀。2種の悲哀が絡み合って切ないドラマを生む
  • 愚行録 愚行録 単なる露悪的なカリカチュアを越えた、確かなリアリティが息づいている
  • ナイスガイズ! ナイスガイズ! 1970年代的な荒っぽい見せ場と血の通ったキャラクターに胸が弾むバディ活劇
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi