メナムの残照
ホーム > 作品情報 > 映画「メナムの残照」
メニュー

メナムの残照

解説

太平洋戦争時のタイを舞台に、日本人の軍人とタイ人の女性とのロマンスを描いたラブストーリー。原作は、女性作家トムヤンティーが1960年代に発表した小説で、タイでは国民的に知られる物語。映画化は本作で4度目となるほか、テレビドラマ化も過去に6回なされている。1942年、太平洋戦争下のタイ。バンコクに駐留し、ビルマへの行軍を待つ日本軍の海軍少尉・小堀は、タイ政府高官を父に持つ美しい娘アリスマンと出会い、ひかれていく。2人は日タイの友好の証として結婚することになり、小堀はアリスマンを日出子と呼んで愛する。当初は日本軍に反感を抱いていたアリスマンも、次第に小堀を愛するようになるが……。2014年・第27回東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA」部門で上映。

作品データ

原題 Khu gam
製作年 2013年
製作国 タイ
上映時間 120分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「メナムの残照」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi