さよなら、人類
ホーム > 作品情報 > 映画「さよなら、人類」
メニュー

さよなら、人類

劇場公開日

解説

スウェーデンの奇才ロイ・アンダーソン監督が「散歩する惑星」「愛おしき隣人」に続く「リビング・トリロジー」3部作の最終章として4年の歳月をかけて完成させ、2014年・第71回ベネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞した不条理コメディ。面白グッズを売り歩く冴えないセールスマンのサムとヨナタンは、行く先々で様々な人生を目撃する。ワインを開けようとした男が心臓発作を起こして絶命するが、妻はそれに気がつかない。また、臨終寸前の老女は宝石が詰まったバッグを天国に持って行こうとして手放さない。一方、18世紀のスウェーデン国王率いる騎馬隊が、現代のバーに現われる。ブラックでシュールなエピソードの数々が、細部まで緻密に計算され尽くした絵画のような39シーンで語られる。日本では、14年・第27回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門で上映されている(映画祭上映時のタイトルは「実存を省みる枝の上の鳩」)。

作品データ

原題 En duva satt pa en gren och funderade pa tillvaron
製作年 2014年
製作国 スウェーデン・ノルウェー・フランス・ドイツ合作
配給 ビターズ・エンド
上映時間 100分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

もたらすのは優しい笑いか、暗い戦慄か?異才監督による3部作完結編
さよなら、人類の映画評論・批評

オリンピックは4年に一度、スウェーデンの異才ロイ・アンダーソンの映画は7年に一度やってくる。いや、2000年の「散歩する惑星」前に25年の空白があったが、以降は精緻な作風に合わせるように規則正しく7年間隔で新作を発表。現在72歳、半世...さよなら、人類の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
2.8 2.8 (全29件)
  • 結[オチ]がなくて退屈。 鬼才ポール・グリーングラス監督とは対照的である、奇才ロイ・アンダーソン監督のカメラアングルは固定されたままで1㍉足りとも動かない。 これは偉大なる芸術か、それとも大いなる怠慢か。 ゲイっぽいスウ... ...続きを読む

    みつまる。 みつまる。さん  2016年11月18日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • 人類の未来は? 主役は面白グッズの中年セールスマン二人だが、いろんなエピソードの積み重ねで私達人間の営みを描いていく。 最初の方はシニカルだが笑える話だが、徐々にブラック度を増していき、最後の方は笑えない。 最... ...続きを読む

    いやよセブン いやよセブンさん  2016年9月8日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 本当に難しいです… わからない、、、 コントのようなシーンが続くんだけど たまに笑いどこがわからないシュールすぎるのがあってそれが難しかつたかなあ あとスウェーデン人白すぎ! ...続きを読む

    JYARI JYARIさん  2016年9月7日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

さよなら、人類 さよなら、人類 さよなら、人類 さよなら、人類
さよなら、人類 さよなら、人類 さよなら、人類 さよなら、人類
2016年3月3日 2016年11月12日 2016年3月5日 2016年3月5日
¥432 ¥540 ¥432 ¥400
DMM.com GYAO!ストア 青山シアター ShowTime
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi