シーヴァス 王子さまになりたかった少年と負け犬だった闘犬の物語
ホーム > 作品情報 > 映画「シーヴァス 王子さまになりたかった少年と負け犬だった闘犬の物語」
メニュー

シーヴァス 王子さまになりたかった少年と負け犬だった闘犬の物語

劇場公開日

解説

トルコ東部・アナトリア地方の広大な自然を背景に描かれた少年と闘犬の物語。これが長編1作目の新鋭カアン・ミュジデジ監督が手がけ、2014年・第71回ベネチア国際映画祭で審査員特別賞を受賞した。同年の第27回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門でも上映されている(映画祭上映時タイトル「闘犬シーヴァス」)。ひょんなことから瀕死の状態だった闘犬シーヴァスを助け、飼うことになった11歳の少年アスラン。学校の学芸会で「白雪姫」の舞台を発表することになり、王子の役を希望したアスランだったが、村長の息子オスマンに王子役をとられた上、密かに想いを寄せていたアイシェが白雪姫を演じることに。さらに、シーヴァスもオスマンの飼っている闘犬ポゾに傷を負わされてしまう。体が小さくいつも周囲から軽んじられているアスランは、シーヴァスが強くなれば自分も強くなれると信じ、学校に行くのをやめてシーヴァスと過ごす時間に没頭していく。

作品データ

原題 Sivas
製作年 2014年
製作国 トルコ・ドイツ合作
配給 ヘブンキャンウエイト
上映時間 97分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

インタビュー

多才なトルコの新鋭監督カアン・ミュジデジ、違法闘犬題材に人間見つめた「シーヴァス」を語る
インタビュー

違法行為である“闘犬”を題材にした「シーヴァス 王子さまになりたかった少年と負け犬だった闘犬の物語」が、第71回ベネチア国際映画祭で審査員特別賞を受賞した。射るように鋭い眼差しを見せる少年と、戦いを運命付けられた犬。ひとりと1頭を通じ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

主人公の少年の“存在力”が、観察の姿勢を貫く映画にスリルを内包させる
シーヴァス 王子さまになりたかった少年と負け犬だった闘犬の物語の映画評論・批評

フランス映画の今を担う実力派アルノー・デプレシャン監督。新作「あの頃、エッフェル塔の下で」で抜擢した新人女優の魅力を彼は「カメラと拮抗し得る存在感の強さ」と述懐してみせた。トルコ東部アナトリア地方の寒村を背景にした新鋭カアン・ミュジデ...シーヴァス 王子さまになりたかった少年と負け犬だった闘犬の物語の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全6件)
  • 暗いなら暗いならに 寂しい感じの映画。 トルコがイメージが少し変わりました・・・・ 犬が主体かと思いきや、盛り上がりの無いまま 映像が良くないので逆に期待を持っていましたが、残念 ...続きを読む

    シネパラ シネパラさん  2016年10月21日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • きっと強くて優しい大人になるだろう なかなか見せてくれない。 という感じのヨリの世界は逆にそそられる。 アスランの気持ちを表しているのだろうか。アスラン、どうか立派な大人になってくれ。 そんなヨリの世界で、たまーに見せてくれる壮大... ...続きを読む

    masupan masupanさん  2015年11月17日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 期待していたが…… ネタバレ! いまいちでした。全体的にものこどやシーンに対してのカメラの切り取り方がパッとせず。いちいち効果の不明なカット。犬同士の闘いの撮り方etc ストーリーも何を描きたかったのやら。お祭りの出し物劇の王... ...続きを読む

    ぱんだまる ぱんだまるさん  2015年11月4日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「シーヴァス 王子さまになりたかった少年と負け犬だった闘犬の物語」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi