ヴェラの祈り
ホーム > 作品情報 > 映画「ヴェラの祈り」
メニュー

ヴェラの祈り

劇場公開日

解説

「父、帰る」のロシア人監督アンドレイ・ズビャギンツェフの長編第2作で、アメリカ人作家ウィリアム・サロイヤンの原作をもとに、夫婦のすれ違いと孤独が引き起こす悲劇を描いたヒューマンドラマ。美しい妻ヴェラや可愛い子どもたちと暮らすアレックスは、亡き父が遺した田舎の一軒家で家族とひと夏を過ごすことに。豊かな自然の中で穏やかな休暇を楽しもうとする家族だったが、ヴェラが突然、アレックスとは別の男性の子どもを身ごもったと告白したことから夫婦の間に不穏な空気が流れはじめ、幼い子どもたちも巻き込んで思わぬ悲劇へと突き進んでいく。「父、帰る」の主演俳優コンスタンチン・ラブロネンコが夫アレックス役を演じ、2007年・第60回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を受賞した。妻ヴェラ役に、「恋に落ちる確率」などのスウェーデン人女優マリア・ボネビー。

作品データ

原題 The Banishment
製作年 2007年
製作国 ロシア
配給 アイ・ヴィー・シー
オフィシャルサイト  

受賞歴

第60回 カンヌ国際映画祭(2007年)

受賞
コンペティション部門
男優賞 コンスタンチン・ラブロネンコ
出品
コンペティション部門
出品作品 アンドレイ・ズビャギンツェフ

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全5件)
  • 苦しみと癒しに満ちた美しき世界観 監督の名も、作品名も初めてなのだが、DVDのジャケット裏面の田舎家があまりに美しくどこか孤独な佇まいであったことが決定打となり、衝動的に借りた。結果、観て正解だったと思う。 冒頭の長回しもだが、... ...続きを読む

    masaking masakingさん  2017年1月1日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 受胎告知のパズルはなかなかずるい演出だなと思った。 どうしても前作... 受胎告知のパズルはなかなかずるい演出だなと思った。 どうしても前作「父帰る」と比べてしまって 悲劇にしてもなにかもっと予想をうらぎるひねりがほしいと思った 映像美は秀逸 役者もよい ...続きを読む

    gato gatoさん  2015年8月1日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • どこまで見せる?ズビャギンツェフ....! 何かワンカットワンカット匂わす撮り方をするズビャギンツェフ作品。ストーリーの流れは静かながらも、抱えてるテーマはものすごく重い。某映画より見終わった後ゴーンとする。そのゴーン要素を引き立てるもの... ...続きを読む

    坂田亭 坂田亭さん  2015年1月16日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi