鰻の男のレビュー・感想・評価

メニュー

鰻の男

劇場公開日 2015年6月13日
3件を表示 映画レビューを書く

何故食品衛生局の研究員程度でレクサスに乗っているのか。まぁ賄賂を受...

何故食品衛生局の研究員程度でレクサスに乗っているのか。まぁ賄賂を受け取ってるからなんだけど、なんか車種の選択間違ってる感じ。魚を捌くシーンも肝なのになんだか今一つ。リインの2Hの魚捌きを見習うべき。韓国における中国人の扱いはちょっと興味深いけど。メイドインチャイナの扱いが酷すぎる。

ssspkk
ssspkkさん / 2015年10月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

コメディ?

どうもよくわからない展開。

中国産
鰻の安全性を証明するため韓国に密入国したチャンに身に降りかかる様々な出来事を、社会派ドラマ的に描いているつもり?社会ドラマ擬き?
中国産は、すべてまずいという偏見をコメディタッチで描いたもの?
韓国社会に対する批判?しかし、Made in Chinaは引き返し、Made in Koreaで、また来た道を戻るだけという・・。

鰻を持参した男の鰻まで食べられるというオチまでついている。
これは笑うしかない。

critique_0102
critique_0102さん / 2015年9月13日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  笑える 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

毒も灰汁も抜けきったフニャフニャな作品。

国や地方に対する偏見が。
その土地から生まれた食物や人間への偏見に繋がる。
刺激的な個別案件から全体を類推/色付けして固執する姿勢。
にも拘らず自身ではよく調べず当初の目的も果たせていない。
…という視点自体は色々と考えさせられましたが。

肝心要の作品自体がフニャフニャ。
“キム・ギドク”作品に期待する、毒も、灰汁も無く。
ただただ納得感の薄いヌルたい映像が延々と。
鑑賞中の心が抉られる感覚が全く無い。
普通で退屈な作品になっていました。

毒も灰汁も抜けきったフニャフニャな本作。

主人公を演じるパク・ギウンの大ファンであれば。
序盤の理解不能な愛情劇も理解し乗り越えられるはず。
オススメです。

Opportunity Cost
Opportunity Costさん / 2015年6月16日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi