シアター・プノンペン
ホーム > 作品情報 > 映画「シアター・プノンペン」
メニュー

シアター・プノンペン

劇場公開日

解説

これが初監督作となるカンボジアの新鋭女性監督ソト・クォーリーカーが手がけ、2014年・第27回東京国際映画祭「アジアの未来」部門で国際交流基金アジアセンター特別賞を受賞した作品(映画祭上映時タイトル「遺されたフィルム」)。カンボジアの首都プノンペンに暮す女子大生ソポンは、ある日、映画館で1970年代のポル・ポト政権下に作られた古い映画の存在と、そこに若き日の母が出演していたという事実を知る。しかし、母は自分が女優であったことを全く語ろうとしない。その映画をどうしても見たいと思うソボンは映画のフィルムを探し始め、ポル・ポト時代に蹂躙された母国の映画史を発掘していくことになる。

キャスト

作品データ

原題 The Last Reel
製作年 2014年
製作国 カンボジア
配給 パンドラ
上映時間 105分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全4件)
  • メロドラマの背後に横たわる歴史の重み。 1970年代に政治勢力クメール・ルージュによる粛清と虐殺の嵐が吹き荒れたカンボジア。その悲劇の歴史を踏まえた一種のメロドラマだ。 現代の女子大生が、もう営業していない映画館で館主がひっそりと映写... ...続きを読む

    バッハ。 バッハ。さん  2016年12月26日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 過去と云うスクリーンが、映す未来 誰しも、人に言いたくない過去は、あるわけで。それでも、過去と向き合うことで、新しい未来が拓けるとしたら…。 パンフレット買ったんですが、監督さん、大変だったんですね。しかも、取材に行けば、「ルッ... ...続きを読む

    機動戦士・チャングム 機動戦士・チャングムさん  2016年8月10日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 二重の悲劇を生きる ネタバレ! 隣人同士が密告しあい殺しあった大虐殺の時代。今も人々の心に深く爪痕を残すカンボジアの歴史的・社会的な悲劇。そして一人の女性と彼女をめぐる男性たちの愛の悲劇。重なる二つの悲劇の記憶を封印するように... ...続きを読む

    monogusataro monogusataroさん  2016年7月24日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「シアター・プノンペン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi