マイティ・エンジェル
ホーム > 作品情報 > 映画「マイティ・エンジェル」
メニュー

マイティ・エンジェル

解説

アルコール依存症の作家が語る自身の体験やリハビリ施設で出会った患者たちのエピソードを通し、人間の心の闇をあぶり出した異色ドラマ。「ダーク・ハウス 暗い家」で知られるポーランドの奇才ボイテク・スマルゾフスキ監督が、過激なまでに徹底したリアリズムで人間の本質を描き出すとともに、時制の入れ替えや反復を多用した緻密な編集でアルコール依存者の感覚を表現した。「ソハの地下水道」のロベルト・ビェンツキェビチが主人公の作家を演じ、2014年・第27回東京国際映画祭コンペティション部門で最優秀男優賞を受賞。

作品データ

原題 Pod Mocnym Aniolem
製作年 2014年
製作国 ポーランド
上映時間 110分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全1件)
  • 眩暈がする 映画全編を通して結局アル中にはなりたくないと思いました。 主人公と同じような気分を味わえるすごい映画。 あんなに気持ちの悪い映画も他に例を見ない。 昔映画を見始めた頃にこういう映画ばかり見ていた... ...続きを読む

    lotis1040 lotis1040さん  2014年11月28日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi