フレンチ・コネクション 史上最強の麻薬戦争
ホーム > 作品情報 > 映画「フレンチ・コネクション 史上最強の麻薬戦争」
メニュー

フレンチ・コネクション 史上最強の麻薬戦争

解説

1970年代後半の南仏マルセイユで起きた実話をもとに、街を牛耳る麻薬組織に立ち向かう判事の戦いをスリリングに描いたノワールアクション。これが長編第2作となる新鋭セドリック・ジメネス監督が、70年代マルセイユの雰囲気を見事に再現し、陰謀と裏切りにまみれたドラマを卓越した演出で見せる。麻薬取引ルート、フレンチ・コネクションで市場を独占するボスを「友よ、さらばと言おう」のジル・ルルーシュが、不屈の正義感で彼らに戦いを挑む判事を「アーティスト」でアカデミー賞を受賞したジャン・デュジャルダンが存在感たっぷりに演じた。共演に「裏切りの闇で眠れ」のブノワ・マジメル、「君と歩く世界」のセリーヌ・サレット。2014年・第27回東京国際映画祭コンペティション部門にて上映(映画祭上映時タイトル「マルセイユ・コネクション」)。

スタッフ

監督
製作
アラン・ゴールドマン
製作総指揮
マルク・バドゥ
脚本
セドリック・ジメネス
オドレイ・ディワン
撮影
ロラン・タニー
編集
ソフィー・レンヌ
音楽
ギョーム・ルーセル

キャスト

作品データ

原題 La French
製作年 2014年
製作国 フランス・ベルギー合作
上映時間 135分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全1件)
  • なかなかの傑作 1970年代の雰囲気がスゴく出ていて、とても2014年の映画とは思えない、素晴らしい映像になっている。 内容もフランスのゴッドファーザーのような話で、とても魅力的。 麻薬の怖さ、ギャングのファミ... ...続きを読む

    サケビオース サケビオースさん  2016年7月16日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「フレンチ・コネクション 史上最強の麻薬戦争」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi