ギリシャに消えた嘘のレビュー・感想・評価

ギリシャに消えた嘘

劇場公開日 2015年4月11日
14件を表示 映画レビューを書く

いいか悪いかというよりも

太陽がいっぱいという映画は、心から苦手。人の心理をえぐるような怖さが、耐えられない。だからこの映画もそこまで怖くないけど、人の心の弱い部分をつつくみたいで、ものすごく嫌悪感。なので、映画として、また物語の成り立ちとして完璧なのだから、でき具合は素晴らしい。
でも好き嫌いだと、大嫌い。ギリシャに消えた嘘というタイトルにひかれて見てしまったけど、太陽がいっぱいの作者の映画とわかっていたら見なかった。こういう話って、不毛だと思うけど、なんだか世の中にはたくさんあります。なぜ作るのかな、見るのかな。雨の午後がまた暗くなってしまった。

マッターホルン
マッターホルンさん / 2017年4月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

淀川さんに観てもらいたかった。

往年のノワールを思わせ、ヒッチコック的なところもある古風なお話。原作者がハイスミスだと聞いて、なるほどと思った。そうか、太陽がいっぱいか。淀川さんに観てもらいたかった。

それにしてもオスカー・アイザックはやっぱり若きアル・パチーノに激似。
ヴィゴは役柄は小物だけど、相変わらず渋い。
個人的にはキルステン・ダンストのおっぱいが見たかったなぁ!

r
rさん / 2016年9月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

単調なサスペンス。

見所や派手な演出などは見当たらないまま最後の2人のやり取りが繰り返されて死で終わるオチはもう少し工夫があったら。

俳優陣は素晴らしい。

万年 東一
万年 東一さん / 2016年8月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい 怖い 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

結局なに?

予備知識なしの為か、思いとうらはらの展開。
彼が何のために付いていったのか?
私には妻がそれ程魅力的に見えなかったので・・・・
最後は何だったのか?で終わりました。
途中で眠たかったのもありますが
景色や雰囲気は良かったですね

シネパラ
シネパラさん / 2016年6月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

舞台設定は1962年ながらクラシカルな雰囲気

ただサスペンス映画としてみると物足りない。大人の三角関係ドラマもの。

eli
eliさん / 2016年1月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

単調

筋は悪くないが演出とかが単調 キャストはなかなか良かったのでもっと面白く作るべきだった。

素子
素子さん / 2015年12月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

招かれざる異邦人

殺人事件の容疑者として地元警察から追われるビゴたちが、逃亡先のカフェで飲んでいたOUZO(ウーゾ)とは、一体どんなお酒なんだろう?
彼の妻を演じるキルステンはガソリンみたいな味だと言ってたけど、きっとギリシャではポピュラーなお酒なんだろう。
また久しぶりに見たキルステンが、エレガントな美しさを湛えた、大人の女優へと変貌を遂げていたので驚きましたね。
私がお目にかかったのは『スパイダーマン3』が最後だったかな。
作品の感想としては、ギリシャ各地の観光と遺跡めぐりを兼ねた、お茶漬けのようにあっさりとした味わいのサスペンス映画でした。

みつまる。
みつまる。さん / 2015年10月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヴィゴは鯛。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

P・ハイスミス『殺意の迷宮』の映画化。
ギリシャやトルコの美しい風景をバックに描かれる愛憎劇。
ここでのヴィゴは白づくめの詐欺師役だが、これも似合うv
クラシカルな背景にクラシカルな名優がズラリ揃った感じ
で奥様役のキルステンも青年役のオスカーもハマっている。
サスペンスよりも逃避行を巡って三人が織りなす心理的な
愛憎のぶつかり合いが見せ場で、いわゆる三角関係に近い。
美貌の妻を寝とられたと思い、青年に八つ当たるヴィゴなど、
今後どの映画で観られるか分からないのでお薦めしときます。
後半はイスタンブールの街を逃げまどうヴィゴをも拝見でき、
まぁ腐っても鯛。ってのはこういうのを言うんだな^^;なんて
ほくそ笑めること請け合い。個人的にご贔屓なオスカーは
現在公開中の作品でも騙されてるという気がしつつ、いい男
は騙しても騙されても◎なことを実感できるいい教えになる。

(しかしいずれ天罰は下るのよ。悪さをすればどこかで必ずね)

ハチコ
ハチコさん / 2015年10月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

擽る作品

性格俳優ヴィゴ・モーテンセンの魅力が燻る作品。
ストーリーは、とてもシンプルながら、男同士の暑苦しくも繊細な心理戦が楽しめる。派手なアクションシーンなくとも、ハラハラドキドキと魅入ることのできるシーンがちりばめられており、最後には名作映画を見た後の少し気怠いような余韻を噛み締めることができた。
ヴィゴ演じるチェスターは、酔い潰れて横柄な態度をとって尚、母性本能を擽ってしまうような、完全なる悪人にはなりきれない品のある人物像に仕上がっており、かなり贔屓目に見てはいるが、とても素晴らしいと思う。何より、煙草を咥え方を、心情に合わせ、巧みに変化させている、緻密な表現力を是非ご覧頂きたい。

コノハズク
コノハズクさん / 2015年5月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

視点によって見え方が違って来る。

ギリシャの遺跡を舞台にした優雅で極上のサスペンス!

『太陽がいっぱい』のような昔ながらの名作映画のセオリーに沿った展開は、今主流の息をもつかせぬサスペンス作品からするとシンプルではありますが…
原作パトリシア・ハイスミスの描く "男と女"、"女と男"、そして "男と男"、このどこに視点を置くかによってまるで見え方が違って来る巧みなドラマ!
シンプルと書きましたが、そこはヴィゴ・モーテンセン、キルスティン・ダンスト癖のある役者が魅せてくれます。 「知的で優雅」はサスペンスの基本ですね!

HIROKICHI
HIROKICHIさん / 2015年5月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クール

極上のサスペンス。ビゴ・モーテンセン いつもながらカッコイー

西ちゃん
西ちゃんさん / 2015年4月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ハイスミス ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

旅行中の初老の男(ビゴ・モーテンセン)と、その妻(キルステン・ダンスト)、ガイドの若い男(オスカー・アイザック)。
男二人が、女を取り合ってる風な話ではあるが、実のところ、女はどうでもいい。

冒頭でもラストショットでも、見つめ合うのは、男と男。

相手の男の後ろ暗さを、互いに一発で見抜く。コイツのズルさを判るのは、オレだけだという負の連帯感。モーテンセンはアイザックに自分の若い頃を見、アイザックはモーテンセンに自分の行く先を見る。だからこそ、出し抜き出し抜かれを、繰り返す。

女は、男達の後ろ暗さに目をつぶる。気づかない振りをする。その方が都合が良いから。そんな女を演じるキルステンが、非常に上手い。


ハイスミス原作。

ブロマンスなんて言葉が無かった時代から、ブロマンスばかり書いていたハイスミス。ブロマンスというよりは、男同士の狂おしい共鳴と言った方が良いか。

見知らぬ乗客、太陽がいっぱいの映画化では、その部分を入れこむと話がややこしくなるのでストーリーには反映されていないが、男優陣が魅せる滴り(ロバート・ウォーカーなど特に)が、非常にハイスミス的で、ファンとしては、グハっとなる。

本作も、古臭いメロドラマ&ミステリの中で、静かなサイコを演じるモーテンセンが、非常にハイスミス的だなと思った。熱演!というよりは、ちょっと「軽さ」があって、そこも良かった。

アイザックが見せる、前半タクシーの中での酷薄な表情も、良かった。


追記1:
古色蒼然とした映画の作りで、何だこれ?と笑ってしまう部分も無くはないが、それでも個人的には大変楽しかった(星の数甘めです)。

追記2:
ハイスミス原作の「The Price of Salt」も、ケイト・ブランシェット&ルーニー・マーラ主演で映画化されるそうだが、こちらは女性の同性愛の話らしい。
女性なのに、女性を嫌悪し、なおかつ同性愛者だったハイスミスが描いた物語は、どんななのか?ちょっと気になる。

小二郎
小二郎さん / 2015年4月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これでいいのだ! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作は未読。
冒頭に「(若い)彼がこちらを見てる」云々の台詞があった時。
「嗚呼!これは、この夫婦どちらかが片方を嵌める話かな?」と思った。

しかし、その後にこの夫婦それぞれが彼と単独で会話する場面があり、その思いは直ぐに消える。

「あれ?ひょっとして何も無い!」

いやいや実際にはこの後に、この若い彼は殺人事件に巻き込まれてしまうのだから、無い訳では無い。

結局この夫婦と、巻き込まれた彼との逃避行が、まるでロードムービーの様に展開される事となる。

今の時代、観客はちょっとやそっとの内容では満足しない。
ましてやこの作品の様な話だと。今時の観客からはどんでん返しの後には、更なるどんでん返し…とばかりに。手を変え品を変え、あの手この手のサービス精神を作品に盛り込まないと満足してはくれない。

製作側は斬新さを売りにし映像や編集に凝りまくる。結果として終始ダラダラとしてしまい、上映時間は長くなる。

何故こんな事を書き込むかと言うと、この作品がその様な手のこんだ事はせずに、シンプルに徹してしるからに他ならない。

話自体がそこそこ面白く、約100分の上映時間。
それ位がちょうど良い。

ちょうど良いって事は、抜群に面白い訳では無いので、声をだして「面白いですよ」等とは言わない。
寧ろ「目新しい事は何も無いです。」だし、「(特に何も無いから)時間潰しにはちょうど良いかも。」…と。

元来映画は娯楽なのだから、時間潰しにぴったりの作品が1番観るのには都合が良いと思う。

バカボンのパパでは無いが、この作品に関しては…。

「これでいいのだ!」

(2015年4/12日 ヒューマントラストシネマ有楽町/シアター1)

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年4月12日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 3 件)

何もかも懐かしい

原作が昔のものだからだろうけど、時代設定やストーリーや作風が往年の映画という感じ。
リメイク作かと思うほど目新しさは何一つないが、わかりやすく、ムダも少なく、充分楽しめる作品。

Bacchus
Bacchusさん / 2015年4月12日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

14件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi